心がふわっと軽くなるブログ

ネガティブな状態から自分らしさを取り戻し、
穏やかな風を手に入れるHappyBlog☆
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< ユング心理学(9) 内向的・外交的な心模様  Carl Gustav Jung | main | お客様の心に届く、心に響く、魅力あるチラシ作りの視点(基本編:2) ~商品の「価値」「魅力」を最大限に引き出す方法~ >>
# お客様の心に届く、心に響く、魅力あるチラシ作りの“視点”(基本編1) 
-------------------------------------------------------------------
私のブログにいらして頂いた皆様に感謝です!!  
お時間の許す限りゆっくりとご覧頂けると嬉しく思います
 

------------------------------------------------------------------- 

※何か一つでもあなたの心に響くことがあったなら、その響きを大切な人に分けて頂けるととても嬉しく思います。
  Your happiness is my pleasure☆


今回のテーマは、

お客様の心に届く、心に響く、チラシの作りの視点(基本編:1)
 

既に多くのクラブでは「新聞折り込みチラシ」や「ダイレクトメール」「ポスティングビラ」「POP」等々を通じて、新たにお客様に足を運んで頂く為の工夫がなされていることと思います。

ところが「チラシ」を作成された方の中には、

「チラシの反応がいまいちだなぁ・・・」
「体験者が集まらないなぁ・・・」
「チラシを見てもらえているか心配だなぁ・・・」
「企画を乗せても反応が薄いなぁ・・・」


感じている方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。

実は、私もそう感じ続けてきました。

「チラシ」の原稿を作る度に、

「見てもらえているだろうか?」
「思いが届けられているだろうか?」


と、毎回が「不安」と「期待」と「反省」の繰り返しでした。


「もっと魅力あるチラシ作りが出来ないだろうか・・・」と、そんなことを考えているある朝、自分の家に折り込まれた“私自身”の作ったチラシを目にする機会がありました。

するとどうでしょう?

「作成している時は、これならお客様に足を運んでもらえるだろう!」と意気込んでいたものの、いざ自分の家に折り込まれたチラシを客観的に見てみると、全くといっていい程に「魅力のないチラシ」「面白くないチラシ」「売り手一方向のチラシ」だと言うことに撃沈したのです
!! 

更に「これではなぁ〜
?!
」と追い打ちをかける一言。

結果はと言うと、もちろん反応はありませんでした。

それ以来、

「どうすればお客様に読んで頂けるチラシが作成できるだろうか?」
「どうすれば目にとまるチラシが作成出来るのだろうか?」


と言うことを考える日々が始まりました。

そして、その原点が「お客様満足主義」にあるということに辿り着いたのです。

そこで今回、数百枚ものチラシの原稿を作り、数々の失敗と成功を繰り返しながらに辿り着いた“魅力あるチラシの作り方”“視点”を紹介すべく、ブログにカテゴリを追加する事にしました☆

既に、「自分流」の作成方法を身につけておられる方も、これからチラシつくりにチャレンジしてみようと思われている方も、是非、“お客様の心に届く、心に響く、魅力あるチラシ作りの視点”を深め、今一度あなたのクラブ(商品)のチラシを見つめ直す契機としてご活用頂ければ大変うれしく思います。

そして、何か一つでも、あなたの心に響き、地域の皆様の心身共の健康作りの一環としてご活用頂けるとこれほど喜ばしいことはありません。


次回につづく・・・








| comments(0) | trackbacks(0) | 00:25 | category: お客様の心に届く、心に響く、魅力あるチラシ作りの“視点” |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
楽天
人生が変わるオススメ本
コメント
モバイル
qrcode
Well・Beイベント動画
検索
Trackback
Sponsored Links