心がふわっと軽くなるブログ

ネガティブな状態から自分らしさを取り戻し、
穏やかな風を手に入れるHappyBlog☆
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 社員旅行×吉本新喜劇 | main | 今日の授業 >>
# やさしく思いやりのある心を育てる子育てヒント

 

こんにちは
梅雨入り確定!紫陽花の花が開き始めた今日この頃、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?頑張りすぎた身体は元に戻ろうといろいろな形で現れるものですね。ちょうどその真っ直中にいる私です^^

 

昨日は、保育クラブに来てくれている保護者の皆様とお話会。乳・幼児期の発達段階のお話しの流れから、イライラ期の関わり方のワークショップ。このテーマでのお話会は始めてでしたので少々ドキドキでしたが、紅茶を飲みながらの有意義な時間を過ごさせて頂く事ができました。

 

・将来、どんな子どもになってもらいたいですか?
・その為に、意識されていることはありますか?

 

お話会に入る前にこんな質問をさせて頂きました。

 

すると・・・

 

生まれたばかりのママさん・パパさんのお声で多いのが「元気に健やかに育ってほしい」「自分の事は自分でできるようになって貰いたい」「人の気持ちが分る子に育って欲しい・・・」いろんなお声をたくさん頂きました。多くのママさんパパさんは、いろんな期待を胸に膨らませながらもなかなかうまくいかなくて・・・、でも、沸き起こるいろんな思いと抱えながらも一生懸命に頑張っておられるお姿に触れることのできた時間でした。

 

ある調べによると我が子にこうなって欲しい“ベスト10”は^^

 

1位 やさしく思いやりのある子
2位 家族を大切にする子
3位 友達を大切にする子
4位 素直な子
5位 挨拶がきちんとできる子
6位 好奇心旺盛な子
7位 頭のいい子
8位 礼儀正しい子
9位 たくましい子
10位 真面目な子/活発な子

 

人の気持ちを大切にできたり、人を思いやる気持ちを育んでもらいたいと願う声が多いですね。人との関係や人との繋がりを大事にすることで社会の中でよりよい人生を歩いてもらいたい親心を感じることができますね。

 

では、

 

「優しく思いやるのある子に育ってもらう子」や、
「家族や友達を大切にする子」に、

 

成長して貰うためには、どのような子育てを意識すればよいのでしょう?

 

 

この続きはまた次回☆

 

 

 〜ご参加頂いたママさんから、嬉しいお声を頂きました♪〜  

 

(T・Fさんより)
イヤイヤ期のNGワードはついつい言ってしまうので気をつけたいと思いました。確かにいい加減って意味、わからないですよね。じっとしなさいや、ちゃんとしなさいも分らないでしょうね・・・。チーチィングとコーチングの違いは目からウロコでした。一方通行で言われるとイヤになりますよね。やる気もなくしますよね。よっしーコーチのお話は毎回楽しいのでまたお願いします☆

 

(N・Uさんより)
頭では理解しているつもりでしたが、言葉にして講座を受けて感じるのは実際にそのときにどう対応できるのか!?すごい大切やったんやと思えました。これからの私の行動に注意して一緒にチャレンジして楽しみたいです☆

 

(K・Mさんより)
あてはまることがたくさんありました。言ってはいけないNGワードは私が主人にも言ってしまっているので、今日は帰ってから主人と話し合い、みんなで一緒にイヤイヤ期を乗り越えたいと思いました☆

 

(U・Mさんより)
コーチングのお話が子どもに考えさせることが大切だと教えて頂けました。考えさせるよりも先に言ってしまっていたので、今からでも考えさせて一緒に答えを探していこうと思いました☆

 

(M・Mさんより)
コーチのお話はとてもわかりやすく興味深くてよかったです。子どもの“嫌”が、大人の“N0”に似ているのではというお話が一番印象に残っています。ちょとイヤイヤ言われてもイライラしなくなりました。あとはコーチングの事を始めて知りました。お話を聞いてから意識するようになりました。いろんな事が収穫できたお話で良かったです☆

 

(I・Tさんより)
知らなかったことがいっぱいだったので子育ての参考にしたいです。保育だけでなく、心のケアまでしていただいた感じで感謝です☆

 

(Y・Sさんより)
今は大事な発達段階の時期であることがよくわかりました。まずは自分に、子どもに向き合ってあげるゆとりが必要だなと感じました☆

 

(Y・Kさんより)
イヤイヤ期真っ最中なのでこれから改めて、こうせっしてあげようなど話しを聞いて思えました。そのこの成長を心でみてあげたいと思います☆

 

(S・Hさんより)
2歳を過ぎてもそんなに大変なイヤイヤきではなかったんですが、2歳半になった今イヤイヤ期真っ最中です。つい自分も怒ってしまったり、もう知らんといってしまったりすることがあるのですが、自分に置き換えて子どもに向き合ってあげることが大切だとわかりました。ティーチングーとコーチングの違いが詳しく知りたいです☆

 

(K・Yさんより)
時間を改めて作って、子どものことを考えると言う事が減ってきていたので最近の息子に対しての関わり方を変えようとか、あっ、今のままでいいんだとか、思い直したり自分の子育てに自信を持てたりしました☆

 

(I・Yさんより)
イヤイヤ期は言ってはいけない言葉を3つともあてはまっていたのでドキッとしました。ネガティブな言葉はできるだけ避けたいと思います。ママのイライラの対処の仕方も教えて欲しいと思います☆

 

(T・Sさんより)
今化川手いる3歳のこども、これからうまれてくる赤ちゃんにとって大切菜関わりや関係生など改めて学ことができました。ついつい普段の関わりで「すごいすごい」「上手上手」と褒める事ばかりでもっとれまでの家庭や行動を大切にして認めていって上げられる上手な言葉がけをしてあげたいと思いました。親が心の余裕を持って、ゆっっくりとまって上げたり、時には止まって上げたり、することで子どもは前に進めると思うので、心の余裕を持てる人でありたいな☆

 

(T・Aさんより)
子どもに対してだけでなく、日頃のコミュニケーション能力を問われていると感じました。叱ったり起ったりは日常過ぎて改める機会も今までなかったのでお話を参考に声を荒げることがこれ以上ないよいに期をつけたいと思います☆

IMG_7122.JPG

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:30 | category: エリクソンの発達段階論 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
楽天
人生が変わるオススメ本
コメント
モバイル
qrcode
Well・Beイベント動画
検索
Trackback
Sponsored Links