心がふわっと軽くなるブログ

ネガティブな状態から自分らしさを取り戻し、
穏やかな風を手に入れるHappyBlog☆
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 人を信じるということ | main | 4月29日 子どもフェスティバル&フリーマーケット開催☆ >>
# 新年度がスタートしました^^

こんばんは^^
新年度がスタートしましたね!
この時期になると新しいクラスの子ども達に僕の “あだな” をかんがえて貰っているのですが、やっぱり一番多かったのが “よっしー” でした^^!ちなみに、でんしんばしら、ごぼう、えんぴつ、つまようじ、ネギ、うんちだ・・・。たくさんのあだなが・・・(汗&笑)。

この時期の子どもたちの様子はと言うと、新しいクラス編成を前にお母さんとべったりの子ども達や、一人駆け回る子ども達がいたりと様々です。でもそんな風に甘えられたり、見守られる環境の中でやんちゃしたり、遊べる子ども達の姿をみると心がほっこりあたたまります☆

今の日本社会はストレス社会と言われるほどストレスフルで、心に余裕が持てなくて、哀しいけれど不幸の事件がたくさん起こっている世の中だなとやっぱり感じてしまいます。幼い頃に愛情を貰えなかったり、過度な期待の押しつけや、虐待や、社会環境・家庭環境などによって大人になってからも様々な形で現われてしまう人たちがとても増えています。前回の投稿でも少し触れさせていただいたのですが、子ども達が社会にルールがあることを頭で理解しはじめるのは10歳頃からだと言われていますね。ルールが理解できるようになると何が起こるかといいますと、やんちゃやおてんば・ワガママなどの“喜怒哀楽”の感情を頭で考えてコントロールできるようになります。

でもね、その時期に感情が抑圧され過ぎてしまった場合には、「〜したい」と感じている本音(自分の心で感じている本当の気持ち)よりも、人の気持ちを最優先にし過ぎてしまう心を育ててしまうことがあるのです。自分の心の中で感じている気持ちに自分で許可を出すことが出来ない状態が続くとどうなるでしょう。モヤモヤ感やなんだかスッキリしない気持ちがずっと続きますね。心の中のコップはいつか満タンになって溢れてしまいます。意識で感情をコントロールしようとしても内面が追いついていませんので、心は自分のコップを満たして貰うために「なんでー」や「かんしゃく」また、「人に認められたい」「受入れて貰いたい」の気持ちがいつも大きく膨らんでしまってお母さんの為に、お父さんの為に、人の為に・・・の人生がスタートする事になってしまうことがあるのです。

ですので、ルールが理解できるようになる10歳頃までは、やんちゃ・おてんばを見守りながら、自分をめいっぱい表現できる環境を提供していきたいと思います☆ただでさえストレスフルで情報に溢れ、核家族化で、何をどう信じてよいのかわからない時代。自分のわがままをたくさん出して怒ったり、怒られたり、泣いたり、笑ったり、そんな風にわがままが通ることも、通らないことも全部ひっくるめて一緒に過ごせる人の輪の中で心が感じ取る体験をたくさん感じとってもらいたいなと思います。

まだまだ微力ではありますが今日も、明日も、“今・ここ”で感じている子ども達の気持ちに寄り添いながら、自分から「〜したい」と心から思える心の育みを応援していきたいと思います。新年度もどうぞよろしくお願い致します☆
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:55 | category: こどもの相談Q&Aるーむ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
楽天
人生が変わるオススメ本
コメント
モバイル
qrcode
Well・Beイベント動画
検索
Trackback
Sponsored Links