心がふわっと軽くなるブログ

ネガティブな状態から自分らしさを取り戻し、
穏やかな風を手に入れるHappyBlog☆
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 社内整備が、企業創造に直結する!! | main | 夢を実現する為の近道 >>
# 小さな信頼の積み重ねが、いずれ大きな糧となる!!
----------------------------------------------
私のブログにいらして頂いた皆様に感謝です!!  
お時間の許す限りゆっくりとご覧頂けると嬉しく思います 

---------------------------------------------- 

※何か一つでもあなたの心に響くことがあったなら、その響きを大切な人に分けて頂けるととても嬉しく思います。
  Your happiness is my pleasure☆

今日の気づき・・・。

「小さな信頼の積み重ねが、いずれ大きな糧となる!!」

民主党は、子ども手当て(月額2万6000)の内の増額分・・・1万3000について、現金支給の代わりに子育て支援商品や、サービスなどに使い道を限定したバウチャー(利用券)制度の導入に向けて検討に入ったとの報道がなされました。(もともと少子化対策として掲げられたマニュフェストの一つですが、その導入について未だ千差万別に意見が分かれていますね・・・。)

今のような時代、全額現金支給となるとその使い道は本来の目的から反れてしまう可能性が考えられますが、「利用券」を施設や教育機関、地方自治体などに提出して補助金を受け取れる仕組みとなると話は変わります。

今のところ、「利用権」の使途は、子育てや教育関連に“限定”されるとの見通し・・・。

スイミングクラブやフィットネス業界などにおいては、追い風になる気配を感じますが、私達の業界がその対象になりえるかどうかは別問題

単なる水泳を教えるスイミングスクールとしての業態を脱皮し、子ども達の自主性・自律を支援できうる“子育て支援機関”としての役割がいよいよ問われ始めた風潮を感じつつあります。

また、日々、その視点から、単なる身体的側面からの泳法指導を行うだけでなく、子ども達同士の関わり合いを通じて育まれる“内面的な心の育み”を後押しできる専門機関としての在り方が問われ始めている事を改めて感じてなりません。

「子育て支援施設」として行政からの信頼を得るが為には、その土台となるプログラムの開発、そして、それを支持して下さるお客様の信頼を得る指導力が必要となります。

もちろん、大人の目線ではなく、子どもの視点に立った個性重視の指導力

小さな小さな信頼の積み重ねが、実は“行政”をも動かしえる“糧”になる事を、しっかりと認識しながら未来を見据え歩みゆくスタンスが大切なんですよね!!

今日の気付きでした。






| comments(0) | trackbacks(0) | 23:11 | category: 業界情報 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
楽天
人生が変わるオススメ本
コメント
モバイル
qrcode
Well・Beイベント動画
検索
Trackback
Sponsored Links