心がふわっと軽くなるブログ

ネガティブな状態から自分らしさを取り戻し、
穏やかな風を手に入れるHappyBlog☆
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 〜2014年は、感情消費社会の到来!?〜 | main | 〜私のblog 新春チャレンジ!〜 >>
# 〜私のblog 心のずっと奥の方〜

私のブログにいらして頂いた皆様に感謝です!何か一つでもあなたの心に響くことがあったなら、その響きを大切な人に分けて頂けるととても嬉しく思います☆


こんばんは^^

気温がぐっと下がり寒さが増してきましたね。昨日の滋賀は初積雪。冬は少々苦手ですが、雪景色をみると季節を感じます。今日の学童クラスでは「平泳ぎのスタート練習!」。“潜って、手をかいて、キックを一けり” ・・・、の「ひとかき、ひとけりスタート」をたくさん頑張ってくれました。


練習をがんばったあとは遊びの時間!!・・・なのですが、その前に、「今日練習したスタートって、何スタートだったかな?」と、聴いて見ると・・・、


・Aくん(男の子):「ひとける、ひとける!」
・Sくん(男の子):「ひときれ、ふたきれ!」
・Nさん(女の子):「ひとくち、ひとけり!」


・よっしー(私) :「????」




素で言ってました^^ 汗。




伝えるって、難しいですね。

まだまだ、子ども達の目線に立てていないなぁと、新年から反省です^^





「お客様満足」とか、「顧客満足」を掲げる企業ってたくさんありますね。




お客様に「満足」を提供するっていったいどういうこと?



ってことを考えて行くと、やっぱりたどり着くのは、




“ お客様に心を満たしてもらうこと ”。




物を購入したり、

サービスを受けとることによって、



楽しい気持ちになれたり、
嬉しい気持ちになれたり、
すがすがしい気持ちになれたり、
気持ちがちょっと楽になれたり、
こころに余裕が生まれたり、



そんな風に、心が満ち足りたものになる。




「満足」= “心が満ち足りた状態”




車を買う、
服を買う、
テレビを買う、
雑貨を買う、
食べ物を買う、




「買う」という行為の心のずっと奥の方には、感情が求めている “何か?” がある。
「買う」という行為によって、その求めている感情が満たされる。



それがきっと、 “満足する” と言うこと。



ストレスを感じたら、物欲に走る人、食欲に走る人・・・いろんな欲に走る人がたくさんたくさんいるけれど、○○欲だけで心が満たされるかっていうと???ですね。

一時的に気持ちがスッキリしたち、楽になれたりすることもあるけれど、それって実は一過性のものだったりする。感情が求めている “何か?” ってものを受け取らないと、きっと繰り返す。

わたしたちの業界に足を運んで下さるお客様の中にも、その “足りない何か?” を求めて足を運んで下さるお客様がたくさんです。



痛み、
苦しみ、
寂しさ、
切なさ、
足りなさ、
至らなさ、



お客様の、心のずっと奥の方で ・・・ 、



望んでいる “何か?”
欲している “何か?” 
求めている “何か?”
期待している “何か?”



その “足りない何か?” を求めて ・・・ 。



そんな、心の奥にある、



“ないもの”を満たしてもらうことだったり、
“ないもの”を受け入れてもらうことだったり、



あるいは、



“あるもの”をよりよく育んでもらうことだったり。
“あるもの”を手放してもらうこと・・・



お客様に“満足”を提供するということはそういうこと。



だけど、



“何か?” を把握する前に、
“何か?” を感じ取る前に、
“何か?” を受け取る前に、



一方的に私達の思いを伝えすぎてしまうことってないでしょうか?


今日の私はそうでした^^汗



思いを伝える前に、
問題解決の為のお手伝いをさせて頂く前に、



その “何か?” を感じとることができなかったり、
その “何か?” を受け取ることができなかったり、
その “何か?” が今どの段階にあるのかってことを、



感じ取る感性が弱まると、

よりよいサービスには繋がらないし、継続の応援には繋がらない。




お客様満足の基本は、




足りてない何か? 足りている何か? を




感じて、
受け取って、
満たしてもらうこと。



その足りない“何か?”を感じ取るためには、




・聞く・・・耳で聞く

・効く・・・カラダに効く


そして更に、


・聴く・・・心で聴く




“聴く” = 「感情に寄り添う行為」




感情に寄り添う力を育んでいかないと、相互の信頼関係(親子遊び)はきっと成立しない。



中には、



文句をいったり、
すねてみたり、
怒ってみたり、
何かに当たってみたり、



時には、



涙を流してみたり、
大声で叫んでみたり、
人のせいにしてみたり、



そんな風にしてしか感情を吐き出せないひとがいるかもしれない。



だけど、



そうして溢れ出た “感情” の裏側には、必ずそれを後押しする “何か?” がある。



嬉しいことや、
悲しいことや、
つらいことや、
楽しいこと、



不安や悩み、期待や望みの心のずっと奥の方には、



必ずそれを後押しする “何か?” がきっとある。



足りているもの
足りていないもの



“何か?” を受け取る感性をよりよく育みながら、




今日も、明日も、お客様満足主義で行こう!






にわとり.jpg


 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:57 | category: お客様満足主義で行こう!! |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://y-chida.jugem.jp/trackback/265
トラックバック
楽天
人生が変わるオススメ本
コメント
  • エリクソンの発達段階論からの学び 〜第2段階:幼児期前期のライフサイクル~ ericsson childhood
    ほり (07/09)
  • エリクソンの発達段階論からの学び 〜第6段階:成人期のライフサイクル~ ericsson babyhood
    よっしー (12/01)
  • エリクソンの発達段階論からの学び 〜第6段階:成人期のライフサイクル~ ericsson babyhood
    ソイ (11/29)
  • エリクソンの発達段階論からの学び 〜第8段階:老年期のライフサイクル~ ericsson old
    よっしー (11/20)
  • エリクソンの発達段階論からの学び 〜第8段階:老年期のライフサイクル~ ericsson old
    向 洋美 (11/18)
  • 女性大進撃の時代に、自分らしく活きるということ
    よっしー (09/02)
  • 女性大進撃の時代に、自分らしく活きるということ
    うりぼうまま (09/01)
  • 3歳〜6歳の内面!?
    よっしー (07/04)
  • 3歳〜6歳の内面!?
    しんいり (07/03)
  • ユング心理学(15) 自我と自己の違い(幸せ感の根源) Carl Gustav Jung
    永井哲志 (05/17)
モバイル
qrcode
Well・Beイベント動画
検索
Trackback
Sponsored Links