心がふわっと軽くなるブログ

ネガティブな状態から自分らしさを取り戻し、
穏やかな風を手に入れるHappyBlog☆
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 毎日を、よりよく変えていく為の“習慣” PART.6 | main | 人は上手くいく事で試されたり、上手くいかないことで試されたりするもの☆ >>
# 私の日記

私のブログにいらして頂いた皆様に感謝です!何か一つでもあなたの心に響くことがあったなら、その響きを大切な人に分けて頂けるととても嬉しく思います。Your happiness is my pleasure☆


久々のBlog投稿。
年度末につき、少々心せわしい時間を過ごしている私です。
「課題」多き時間は、「気づき」多き時間・・・、そんな事を自身に言い聞かせつつ・・・、


今日は、ちょっと気になる
ニュース。


ここ最近、「MBOの手法」を使った “上場廃止企業” が相次いでいる。
 

ちょっと気になる・・・。


TUTAYAを展開するCCCや、ジャスダックに上場している幻冬舎、中には、“東証1部”に上場している企業までもが相次いでいる・・・。


◎なぜだろう?


MBOは、企業の合併・買収の手法のひとつであることは聞いたことがあるけれど、そんなに深くは知らない・・・、 (MBOと言えばドラッカーの提唱しているmanagement-by-objection(目標管理の本質)の方がなじみがあるんだけれど・・・)


それはともかくとして、ココで話題になっている・・・


 MBO」とは、management-buy-out(バイアウト) を省略化したもの。


その内容はというと、経営者が事業の継続を前提として、オーナーや親会社から株式を買い取り、経営権を取得するということらしい。

もともと、「事業再編の為の手段」として欧米で活発化したものらしいんだけれども、日本でもその目的は変わらない。

ただ、この上場廃止企業が相次ぐと、どんな影響を及ぼすのだろう。

特に企業を支え、市場を下支えしている個人の投資家にとっての影響も気になるところ。


と言う事で、もう少し調べてみた。


「MBO」 を実施する傾向には、大きく2つの理由が掲げられてた。


※一つ目はM&A。
市場で株式を買い付ける「敵対的買収」が活発化しはじめてきたと言う事もあって、その買収リスクをなくす為の防衛手段として実施するというもの。

そして、

※二つ目は、企業経営の“自由度”を上げる為に実施すると言うものらしい。


「上場廃止」・・・、株式を非公開にすることでどうなるのか?


一番気になるところ・・・。



まずはメリットから・・・。 (→ちょこっと、独り言を添えながら・・・。)

1.市場の声に惑わされることがなくなって、中長期的な経営戦略が立てやすくなり自由度が高まる。(→つまりは、判断を仰ぐ領域がちょっと狭くなって一点集中しやすくなるって事?)

2.上場を廃止することで、市場で買収を仕掛けられるリスクがなくなる。
(→株式市場で買収できなくなれば、その分のリスク回避に繋がる?)

3.上場を廃止することで、IRや情報開示をする必要性がなくなるので、他の会社などに、企業戦略が知られることなく、つまりは、競争上優位になることができる。
(→IRの開示が必要なのは公開企業だけだったとは知らなかった・・・。無知識!)

4.企業の経営陣が個人投資家の株式を買い取り、そして、大株主になることで経営方針や雇用・事業譲渡がしやすくなる。
(→株主が少なくなれば、確かに判断領域が狭くなる・・・。)

5.親会社がある場合には、その売却資金で本業の建て直しができる。
(→なるほど・・・。)


そして、デメリット・・・。

1.上場廃止にするって事は、株式を買い取ると言う事だから多額の資金が必要
(→つまりある程度の資金関係が保てないと難しいって事?もしくはファンドによる資金供給も必要になる?)

2.非上場にすることで、経営に対するチェック機能が低下する可能性が出てくる。
(→確かに株主が減ると、指摘視野も狭まる気がする・・・)

3.株主が多くなると、利害調整が必要になるからその分リスクも大きくなる
(→そこにかかるコスト管理も多大なのだろう!?)

4.株式を経営陣が回収することで買い付け価格が安く抑えられる可能性がでてくる。
(→個人の投資家にとってはここが懸念材料になる・・・?)

5.上場を廃止すると、資金調達の手段が限定される
(→そりゃそうだ)



なるほど、なんとなく分かってきた気がする。


さてさて、


※株式市場にどのような影響がでてくるのか?
※日本経済にどのような影響が現われていくのか?



・いつもよりも、ちょっと気にして、
・いつもよりも、新たな気付きをもって、
動向を眺めてゆく事にしよう。



※ちなみに・・・、


「経済」の語源とは ・・・ 「世の中をよりよくして、人々を救う」。


よりよくって、いい言葉だね。


今日の気付きでした。






Ps.更に独り言。

先日、会員の方のサポートとして来られている “80歳” の方に出会った。
その方の運動習慣を聞くと、毎日500回の腕立てが欠かせないらしい・・・。(50回を10セット!!)更に腹筋も・・・(もともとボクサーだったらしい。)

私も、週2回の筋トレを心掛けてはいるものの・・・、

あまりにも衝撃的。

見習って、あと少し強度を上げ、身体作りに励むことにしよう ・・・ かな。






| comments(0) | trackbacks(0) | 00:20 | category: 経営の事 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
最新記事
楽天
人生が変わるオススメ本
コメント
モバイル
qrcode
Well・Beイベント動画
検索
Trackback
Sponsored Links