心がふわっと軽くなるブログ

ネガティブな状態から自分らしさを取り戻し、
穏やかな風を手に入れるHappyBlog☆
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 幸せな日常を手に入れる為の方法

 

私達の体の中には、心のバランスを豊かにしてくれるものがあります。

 

それはなんだかご存じですか?

 

・・・

 

それは、「五感」なんですね。

 

私達のからだには、

 

・「目」で見て美しい、美しくない!を感じるセンサー  

・「耳」で聞いて良い、不快!を感じるセンサー

・「口」で食べて美味しい、マズイ!を感じるセンサー 

・「鼻」で臭いを嗅いで良い香り、不快!を感じるセンサー

・「体」で心地いい、心地よくない!を感じるセンサー

 

生まれながらにして、素晴らしい“五感”という名の感性が豊かに根ざしています。

 

子どもの頃って、見て感じたままに“気持ちの世界”を豊かに表現していましたね。嬉しい時には喜んで、嫌な時にはイヤイヤ、悲しい時には泣いて、楽しい時にはニコニコ^^♪でも、大人になるとどんどん「頭で考える世界」が育つので、感じた事を素直に表現するということがだんだんと出来なくなってしまいます。例えばこんなことはないでしょうか・・・

 

・甘い物が食べたい!(気持ち)。でも食べたら太るから我慢(頭の世界)。

・しんどいから休みたい(気持ち)。でも、周囲に迷惑をかけてしまう(頭の世界)

・本当は嫌い!(気持ち)」でも、嫌われるから言わないでおこう(頭の世界)」

 

「本当は〜したい」の“気持ちの世界”をありのままに素直に受け入れられているときは、ストレスを感じることはさほどなく、ごきげんな毎日を過ごすことができるものなのですが、ストレスだと感じたり、モヤモヤしたり、なんだかしんどく感じてしまうのは、「気持ちの世界」と「頭で考える世界」が“一致”していない時。


気持ちを大事に思い、考え、大切に思って頑張ることはとても大事。でも、忙しさの余りに五感を切って人の事ばかりに過ごしてしまいすぎると、気付けば“自分の気持ち”が置き去りになり、悲鳴をあげてしまっていることがよくあるものです。

 

「空を見て何も感じない・・・」もしかするとそれは、あなたの“五感”が弱まっているかもしれません。そんな時は、例え10分でも、1時間でも、半日でもいいから“自分の心が喜ぶ事を取り入れてみることが健康の秘訣☆ですね♪

 

気持ちを癒し、人間関係を豊かにするワークショップや、夢を叶えるキラキラセミナー、怒りの感情をコントールするセミナー等々、ご要望に応じてお話しさせていただくこともできますので、気楽にどうぞ♪

 

 

Ps.夜な夜な創作している“Nal Blue Art”作品をご紹介☆

 

※初出店:12月8日(日)大野小学校 同窓会館 11:00〜

※MIHO´S HERB CHICKEN様主催 “ LIVE MARCHE♪” 

 

※主催様よりお声かけを頂き、始めて出店させて頂く事になりました。

当日は、ピアス、コースター、アート、クリスマスアート、お魚のアート、キーホルダー、アクセサリースタンドなどなど、スペースの限り、だくさんお持ちさせて頂きます☆まだまだ微力ですが、少しでも主催様を始め、郷土の発展に貢献できればと思います☆是非遊びにいらして下さいね☆(当日は午前中プールに入ってから急いで向います!!)

↓創作のほんの一部をご紹介♪

AERL0052.JPGDGSJ5922.JPGIMG_E3301.JPGIMG_3178.JPGIMG_2676.JPG

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: 毎日を、よりよく変えていく為の“習慣” |
# 捉え方一つで短所が長所になる!?

 

みなさんこんにちはじりじりと暑い夏が近づいてきましたね。

私は海好き、花火好き、BBQ好きの夏男なので、これからの季節がワクワク楽しみです。でも気温が体温に近づくこれからの季節は夏やせのなんと3倍と言われているほど「夏太り」しやすい季節。基礎代謝量が下がる夏だからこそ体を動かすことを楽しみたいと思います☆

 

さて、今回の機関誌では「捉え方一つで短所が長所になる!」についてお伝えしたいと思います。

 

みなさんは、自分の「長所と短所」とではどちらがたくさん言葉にできるでしょうか?これは私がよくセミナーでよくさせて頂くワークなのですが、圧倒的に「長所」よりも「短所」を多く掲げられる方が多いです。私も以前はそうでした。「思考は現実化する」との有名な言葉がありますが、思う事で現実を引き寄せてしまっているなぁと感じるが多いものです。

 

感じ方(印象)を変えてHAPPYを引き寄せる心理学の一つに、「フレームを変える」という方法があります。

私たちは、体験を重ねるうちに人それぞれに「物の見方」をするようになります。例えば「夕食はママが作るもの」という環境で生まれ育つと、「夕食はママが作るべき」との考えが一般化されます。私たちは生まれ育った環境の中で知らず知らずの内に様々な物の見方や考え方がすり込まれているんですね。そのような物事の見方の事を心理の世界では「フレーム(枠組み)」といいます。

 

この「フレーム」があるからこそ、私達は物事の概要をおさえる事ができたり、過去に照らして適切な判断ができるのですが、気付かぬうちにその考えや行動が「フレーム」に固定されてしまって、新しい選択肢や問題解決の方法などが見つけにくくなってしまうことがあるものです。

 

そんな時に有効なのがフレームを変えてみる「リフレーミング」です。

 

これはあるセミナー参加者の経験談なのですが、「Aさん:せっかく家族で遊園地に行くのを楽しみにしていたのに大雨で悲しい・・・・」と話すと、となりに座っていたBさんが「雨の日に行ってたら事故してたかも知れないよ!服も濡れなくて済むし、家のお片付けがいっぱいできるね!」と返してくれたそうです。それを聞いたAさんは「そうだよね♪」と少しづつ気持ちが明るい方向に向かい始めました。「雨では楽しむ事が出来ない」という見方を、「雨だからこそ出来る事がある」とリフレーミングされたことでの気持ちの変化を体感された一つです。

 

物の見方を少しでいいから変えて見る。慣れるまでトレーニングが必要になりますが、リフレーミングができるようになると、違った捉え方ができるようになりますし、「ピンチはチャンス!」という言葉がるように、直視できない現実でさえそう思うことで気持ちが少しづつプラスの方向に気持ちが向い始める事があるという事です。起きている現実に対して感じ方や印象、行動へも大きな影響を与える事ができるというものですね。

 

毎日を過ごしていると思い通りにならないこともたくさんあるのではないでしょうか。そんな時ほど僕は、現状をよく見つめることが大事だなぁと思うようにしています。例えば、「この行動が役に立つ場面はどこか?(状況のリフレーミング:話すのが苦手→いい聞き役になれる)」。「他にどんな意味をもつか?(内容のリフレーミング:生意気→物怖じしないetc」

 

過去でもなく、未来でもなく、今を受け入れられない心の弱さがあると、過去にこだわりすぎたり、未来の不安を引き寄せて増長させてしまうから。

 

そして、私たちの行動には、それを起こさせる肯定的な意図が必ず根ざしています。(ネガティブな感情が現われるのは、そもそもその先にポジティブな感情があるから)。長所も短所も実は見方を変えると素晴らしい財産なので、自分自身にも、会話をする相手にも、現実を見るためのフレームをちょこっと変えて、HAPPYな出来事を益々引き寄せながらSummer-Seasonを過ごせるといいですね♪何か一つでも心の響きを感じていただけたらとれも嬉しく思います☆(by.よっしー)

 

 

Ps.↓今回の創作の一部☆

 

IMG_2498.jpgIMG_2420.jpg

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: 毎日を、よりよく変えていく為の“習慣” |
# コンフォートゾーン

 

「自分を変えたい」

 

あるいは、

 

「新しい自分に変りたい」

 

そんな時は、

 

コンフォートゾーンから抜けだすことが大切。

 

なんて言われたりします^^

 

そして、

 

実は私たちって、人生の90%以上をこの居心地のいいコンフォートゾーンで過ごしているとも言われてる。

 

このコンフォートゾーンは、無意識で強化してしまっていることが多くあります。

 

例えば、習慣化されている毎日、人付き合い、収入など様々です。抜け出したいけど抜け出せない・・・そんな時は、習慣化された居心地の良さに引き戻されてしまっている・・・といった感じでしょうか。

 

そして、その背景には変化に対しての“抵抗や恐れ”などがあります。
 

それでも、現状を変えたいと望むのならその方法は沢山あるのですが、ひとつのオススメの方法としてはまず“望む状態”を思いきり描くということです。

 

私の場合は、望む理想の状態を五感でイメージしています。

 

何が見えて、何が聞こえて、何が感じられるのか。そこで体験できる香りや味はどんなものか。

 

そして、その状態になった時の自分自身の“気持ち”を確認します。

 

最初は違和感があったとしても、本当に望む、本当に必要なことであれば、何度か描いているうちに少しずつ馴染んでいきます。

 

そして、それを実現するために必要な行動なども合わせてイメージするようにしていく。

 

始めは不安感や違和感を感じても、望む状態を実現しているイメージしていく中で以前よりも気持ちが軽く、必要な行動がとれている自分に気付く事もありますし、そうでない自分に出会うこともあります。

 

それがコンフォートゾーンを拡張することに繋がっていく。

 

自分を変えたい、成長したい、新しい自分に出会う為の方法は様々にありますが、今回はかなりオススメできるメソッドをご紹介!

 

まさに未来へのタイムスリップですね♪

 

The five senses are felt in the future from present to achieve a dream☆

 

 

Ps.先週のDIY↓ Youtubeを見て感化され、一枚板からピアス&アクセサリーを創作。今回はエポキシ樹脂に硬化剤を混ぜて空色に着色。48時間硬化させてから型どりし、サンド&耐水ペーパーで研鑽。付け人はおらんけどそこそこ綺麗に仕上がったかな。さて、次はあれだ!!

IMG_2293.jpgIMG_2302.jpgIMG_2273.jpg

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: 毎日を、よりよく変えていく為の“習慣” |
# Serf-esteem (自己肯定感)

 

 みなさんは、

 

「朝起きると気分が重く起き上がるのがしんどい」

「人つきあいが面倒に感じる時がある」

「やる気が出ない」

 

このような経験はないでしょうか?いつもの自分と比べると何かがおかしい・・・。

 

これらには様々な原因がありますが、その一つに“自己肯定感”が関係しているかもしれません^^

 

“自己肯定感”とはわかりやすく言うと、“自分が自分であることに満足し、価値ある存在として受け入れられる”との実感で人生の軸となるエネルギーです。しかしこの自己肯定感は高くなったり、低くなったりしてやっかいな特徴があるのです。

 

アメリカで行われた心理学の研究では、人は1日に6万回の思考を行っているといわれています。そして、その内の約80%45000回程)は、ネガティブな思考になりがちであることがわかっています。

 

ネガティブな感情は、私達を失敗や危険から遠ざけ守ってくれている大切な信号なので決して悪いことではありません。問題は、自己肯定感が低い時にその信号を受けた時にどうなるかということです。例えば、何か失敗をしたり、間違えてしまった時、自己肯定感が高い時には、「失敗は経験だよね!」と前向きな気持ちで行動できたりするのですが、低い時には不安感がどんどんと膨らんで苦痛を感じてしまうことがあるということですね。

 

「他人との比較や劣等意識が高くなってしまう」

「いつも自分は出来ないと思ってしまう」

「人の為に頑張ることができない」

 

また、

 

「他者への依存心を強く感じてしまうとき」

 

そんな時は、自己肯定感が低くなっているサインかもしれません。

 

では、これらの特徴に心当たりがある場合は、どう対処すればいいのでしょうか?

 

その方法はたくさんあるのですが、まずは自分の自己肯定感が下がっているということを認識することがとても大切です。下がっている状態をただただ知るだけで心って楽になるものです。

 

「なぜ、自分がこう感じているのかな・・・」という気持ちを客観視し、自覚することを心理学の世界では「自己認知」と呼びます。私たちの感情はマイナスの状態から一気にプラスに転じることはなく、必ず一度、フラットな状態になってからプラス、ないしマイナスに転じていくからです。自己認知がうまくできるようになると、気持ちが落ちていることを客観視できるので感情の主導権を握ることができるようになりますね。

 

それでも自己肯定感が向上しないという方は訓練で高めることができます。さまざまなワークがありますが、ここでは即効性のある方法を1つご紹介。それは、ちょっと自分に自信がないなと感じたらセルフハグをしてみるのが効果的です。

 

セルフハグとは簡単に言うと、「がんばっているぞ、私」「どんどんよくなっているよね、私」と、とにかく自分を認めて褒めてあげると言うもの。そう感じられなくてもそう言ってみて下さい♪

 

そうすると、3大神経伝達物質であるセロトニン(心の安らぎに関与している物質)や、エンドルフィン(一種の脳内モルヒネ)、オキシトシン(愛情や精神的安心感のホルモン)が分泌されやすく、自分に優しくなれるはずです☆もちろん運動も効果絶大ですよ♪(よっしー☆)

 

 

Ps.波が無い時の最近の僕の休養はこれ↓

女子力アップやな。男子やけど(全て手作り)。ちょっと作りたい物があってこれはほんの序章です(笑)。決して暇ではない!近況はインスタグラムにも投稿中なので、是非フォロー下さいね!

 

4FE4E8A9-8CC3-4FE5-96D1-F01960FF16EF.JPGC4EEABC9-E24A-4FF6-BD24-9319AED74370.JPG82386234-1104-44C4-9BF2-CDE9A29AB281.JPG

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: 毎日を、よりよく変えていく為の“習慣” |
# 女性大進撃の時代に、自分らしく活きるということ

 

昨日は、ご縁を頂いて起業家コミュニティ・マ○テラスのセミナーに参加させて頂きました。女性活躍と呼ばれている今の時代のニーズを改めて肌で感じたかった。そして霧がかった僕の夢に磨きを掛け、実現の為の学びを深めたい。そんな思いもあって参加させて頂きました。お話頂いた方は僕にとっては雲の上の存在。崇高な理念を掲げ、社会に貢献し、それでいて自分の楽しいを仕事にしながら億万長者へと活躍の幅を広げている姿に感化されました。

 

ここ最近強く感じるのは、子育てをしながらも自分の人生を豊かに過ごしたいと望むママさんがどんどん増えて来てるということ。一昔前と比べてみも自分で作った雑貨や食品を手作り市やマルシェと呼ばれている催しの中で販売し、成果を上げられているプチ起業家ママさんが急激に増えてる。

 

その流れはこれから益々加速するだろうし、女性活躍の時代から→「女性大進撃の時代」がすぐそこまで来ている。

 

選択的消費がピークを迎えた先に訪れるもの。

 

それはきっと、“自分らしく活きる”と言う事なのだろう。豊かな時代であるが故にこれからは男性も女性も独自性(USP)を磨いて行かないと生きてはいけない。

 

“自分らしく活きる”と言う事は、実はとってもとってもシンプルで簡単なことなのに、自分でブロックをかけていることって以外と多い事に気づく。「○○らしく生きたい!でも活きていく事に抵抗を感じるママさんが多いのも、今の時代の特徴のように感じる。

 

 

「○○を犠牲にしてまで、自分のしたいことするのはちょっと・・・」

 

 

一歩を踏み出そうとした時、そう感じる人って以外と多い。

 

 

“自分らしく生きたい”の前提にあるものは、

 

(前者)既に自分らしく活きる事が出来ていて、更に磨きをかけていきたい人
(後者)自分らしく生きられていない、だから、活きてみたい

 

おおよそそんなことかな。

 

例えば、

 

・子どもを犠牲にしてまで・・・
・家族を犠牲にしてまで・・・
・今付いてる仕事を犠牲にしてまで・・・
・今やっている事を犠牲にしてまで・・・
・今の環境を犠牲にしてまで・・・

 

一つの愛の形として自分を犠牲にして、相手に与えるやさしさは確かに存在する。

 

だけど、

 

 

それは本当の幸せかというと???

 

 

自分はちょっと苦しいけど、相手が喜んでいるならそれでいい。
自分はちょっとしんどいけど、相手に楽しんでもらえるのならそれでいい。

 

相手の事をいっぱいいっぱい思って・・・、
相手の為をいっぱいいっぱい考えて・・・、

 

 

でも、

 

 

それが何十年も続いたらどうだろう・・・。

あのとき、〜すればよかったと、

後悔に繋がる事も少なからずあるように僕は感じる。

 

 

お互いが幸せであると言う事は、


どちらかの一方がしんどい思いを我慢するのではなく、
どちらかの一方が苦しい思いをし続けるのではなく、

 

お互いが“自分らしく活きる事”。

 


もしも、大切な人が叶えたい“夢”を持っていたとしましょう。
そして、あなたの為にその“夢”を諦めたとしましょう。

 

 

どんな気持ちになりますか?

心から、幸せを実感することができるでしょうか?

 

 

ちょっと立場を変えて考えて見ましょう。

 

 

もしも、あなたの両親があなたの為に夢ややりたい事を諦め、家族の為にと犠牲になって日常を過ごしていたとしたら何を思うでしょうか?

 

きっと幸せな気持ちにはならないのではないでしょうか。

 

 

子育てにおいても同じですね。

 

理解する力がまだまだ育めていない子どもの場合には、親の関わりがそのまま子どものリソースになってしまうことがあるものです。犠牲に生きる事が正しい生き方なんだだとの価値観を育ててしまってこと。

 

 

○○の為にと自分を犠牲にする人生が、

=「○○の為になっている」

 

○○の役に立っていると言うのは、実は、

こちらの船から眺めているあなただけの景色であって、相手からみたらそうだとは限らないらないことがあるものです。

 

 

それでいて、

 

○○の為に・・・は、「○○の為にこれだけのことをして上げてるのにー」の犠牲感に繋がりやすい側面をもってる。自分の見返りの為の行為でもあるってことです。自分が満足できないから、自分が犠牲になることで満足感を求めてしまう現象。(あくまで極論で書いてます^^)

 

 

まさに、ぐるぐるループ

 

 

中には、人を助けるのが使命です。という人もいます。自分がそうしたい意思の元、自己実現の領域で使命としている人はほんとに素晴らしい。

 

でも、かわいそうな人を助けるのが使命という人の心の中には、誰かを助けていないと不安だったり、怖いと感じる場合もありますね。助けていないと不安で、恐くて・・・。それでいて、可愛そうな人を助ける私とっても凄い人で、助けた人からは感謝して貰いたい・・・。そうでないと自分の存在価値を実感する事ができなくなってしまうぐるぐるループ。

 

助けていない自分には価値がないという自分の中の怖さを握りしめ、どんどん助けが必要なかわいそうな人を探し続けてしまうっていう使命にどんどんすり替わってしまうことがあるものです。

 

 

(あっ、ちょっと話しを戻すね)

 

 

「○○の為に・・・」という犠牲心には、自分の中の罪悪感から来ていることもたっくさんあるってこと。

 


◎じゃあどうすればいいの・・・?

 

 

僕は、自分の人生を犠牲にすることと、思いやることとは違うって思ってます。自分の意思で、考えて、決めて、そうしたいからする。子どもや家族や大切な人の事を考えて、自分の意思で選択した自己決定の意思は、犠牲感に繋がりにくいです。心底、そうしたいから尽くしたと考えることができれば、それはきっと誇りにも思えることでしょう。選択したことに責任を持つことができた時、“○○らしさ”に磨きがかかる。だって助けが必要な人だって世の中にはたくさんいるのだから。ここではスタンスのことね☆

 

 

僕が考える

 

“○○らしさ”に磨きを掛ける方法

 

それは、

 

「自分が自由に、楽しく生きること」

 

周りの人に幸せになって貰いたいなら、“自分が自由に、豊かに楽しく生きること”なんじゃないかなって思うんです。

 

言い換えるならそれは、

 

自分の沸き起こる感情を否定しないで、ありのままで在るということだともいえますね☆

 

・自分を犠牲にして人を助けるのではなくて、
・自分が自由に楽しく生きる事で、人が幸せになる。

 

自分を犠牲にして人を助けつづけることは、自分には価値のない人間っていう前提を強化してしまうよ。

 

だから、

 

自分が楽しいと思うことにチャレンジし続ける。すると、夢が持てない人の心には夢の種が膨らんで、

夢を既に持っている人には、結果としてみんなが幸せになっていくんだろうなぁって、僕は思うんです。

 

 

今日はちょっと極論で書いてしまった(汗)例外はたくさんあるんだろうけど・・・。
でも書いてしまった自分を否定しないのだ^^

 

僕が僕で在るために☆(←どっかで聴いた名曲♪ 笑)

 

沸き起こる感情を大事に、
もっと自由で、豊かで楽しい、自分らしい人生を歩いていこう☆

 

 

| comments(2) | trackbacks(0) | 00:00 | category: 毎日を、よりよく変えていく為の“習慣” |
# 心が健康でありつづける為の秘訣

 

こんばんは

 

いよいよ梅雨明け間近!?

既に炎天下が続き、あちこちで「あっつなぁ〜」の言葉が飛び交いまくってますね。

 

僕も今日、何回その言葉を口にしたか笑)

 

最近僕は、この「あっついなぁ〜」を意識的に口にしてる。

 

なぜ?

 

ちょっと話しは変わりますが、人は心の中で感じていることを言葉にしてみたり、心の中で感じたその気持ちをちゃんと感じとることで、穏やかな風を感じる事ができるものです。

 

すごく暑い時に、その気持ちを表現出来ないとしたら、ちょっとモヤモヤする。

好きなアーティストに出会って、嬉しくて、ワクワクしたその気持ちを誰にも話せずにいたなら、ちょっとモヤモヤする。

 

それと同じで、人は自分の中で沸き起こるネガティブな感情を否定したり、見て見ぬ振りしたりの時間が続くと、

 

 

スーパーにモヤモヤする。

 

 

心身共に健康でありつづける為の秘訣、

 

 

それは、

 

 

沸き起こる感情を大事にする☆

 

 

ほんまにあっついな〜

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 19:02 | category: 毎日を、よりよく変えていく為の“習慣” |
# 梅雨の季節におもうこと

こんばんは^^
6月もあとわずかですね。梅雨はまだまだ続きそう。。


◎梅雨の季節というと何を思いますか?

「じめじめ・・・」
「うっとうしい・・・」
「洗濯物が乾きにくいなぁ・・・」

ネガティブな感情が現れやすいものですね^^


◎でも果たして本当にそうでしょうか...

角度をほんの少し変えてみることで違った景色がみえてくる事があるものです。

例えば、

「恵みの雨かもー」
「緑がすすくす育つかも−」
「心の渇きが潤うかもー」

そんなポジティブな感情も見つけられるはず。


◎そもそもネガティブな感情はなぜ現れるのでしょう??

それは、その奥にポジティブを思う“何か?”があるから

「晴れたらお出かけしたい!」とポジティブな出来事を思うから、そうでないことにネガティブを感じたり、
「洗濯物を乾かしてお片付けしたい!」とポジティブな出来事を思うから、そうでない現実にネガティブを感じたり...。

梅雨の後の季節を楽しむ為には、梅雨の季節をちゃんと感じてみる

そして、

ネガティブの中にある、明るいポジティブを探しに出かけてみるのはどうでしょう^^

少しずつ感じられたならきっと、自ずと夏がやってくる☆



ps.雨ってどんな音?雨音をぼんやり聴いてみるのもよいものです☆


| comments(0) | trackbacks(0) | 20:20 | category: 毎日を、よりよく変えていく為の“習慣” |
# ネガティブな感情を、ポジティブに変える方法!

私のブログにいらして頂いた皆様に感謝です!何か一つでもあなたの心に響くことがあったなら、その響きを大切な人に分けて頂けるととても嬉しく思います。

今日の滋賀は、午前中晴れていたのに、午後から急に雨が降ってきましたね。

雨が降ると何を思うでしょう?

なんだか憂鬱になったり、うっとうしく感じたり...。

「出来事」に対して “ネガティブな意味付け” をしてしまった為に、

→ ネガティブな “思考” が、
→ ネガティブな “感情” を育て、
→ ネガティブな “行動” を引き寄せ、
→ ネガティブな “結果” を招いてしまう。

そんな風に、

ネガティブぐるぐるループに陥ってしまうことがあるものです。

ループを抜け出したいと、心からそれを望むなら、それを後押しするある方法。

それは、

意味づけを変えてみるということ。

(↑「●●●●●●●」とよばれているのですが、詳しくはワークショップで^ ^ )

「出来事」に対して “ポジティブな意味付け” を思うと、

→ ポジティブな “思考” は、
→ ポジティブな “感情” を育て、
→ ポジティブな “行動” を引き寄せ、
→ ポジティブな “結果” を生む。

まさに、

ポジティブなループが回りだすことがあるものです。

心で感じてしまったネガティブを、無理にポジティブにシンキングするのではなく、

心で感じたネガティブに共鳴し、“新しいポジティブな意味付け”を思う。

そうすれば、きっと、

内に根ざした潜在的な力が動き出す。

うっとおしい1日を過ごすよりも、

楽おしく過ごす為の心の天気図でした☆
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:46 | category: 毎日を、よりよく変えていく為の“習慣” |
# 〜私のblog もしかしてだけど・・・ 〜
私のブログにいらして頂いた皆様に感謝です!何か一つでもあなたの心に響くことがあったなら、その響きを大切な人に分けて頂けるととても嬉しく思います☆

極雪から一夜明け、本日の滋賀は青い空が広がりました。
風はまだまだ冷たいけれど、春を思うと気持ちは “ぽかぽか” 温まりますね。


・幸せな気持ちになれば、心もぽかぽかと温かくなる。
・楽しい気持ちになれば、心もポカポカと暖かくなる。


どうやら・・・


心とカラダ(体温)は、密接に関係しているようですね ^^ 。



そうと分かれば、私の中の探求心が ・・・。



フィンランドで行われたある調査によると、


人は、

・幸せを感じると、全身が温まり、
・愛を感じると、胸が温かくなり、
・怒りを感じると、上半身が温まる。


そして、


・恐怖や嫌悪感を感じると、足が冷え、
・驚くと、頭と胸以外が冷え、
・悲しみや憂鬱を感じると、全身が冷たくなるそうです。


心と体(体温)は、ちゃ〜んと繋がっているんですね。


・幸せや、
・喜びや、
・楽しみや、
・愛や、

・怒りや、
・恐怖や、
・驚きや、
・桃の木や ^^
・山椒の木や ^^

・悲しみや、
・憂鬱は、


ぜ〜んぶカラダと繋がっている。


(冷え性も体の内側からきてるかも ^^!)


世の中には、心の “ぽかぽか” を必要としている人がたくさんですね。


物がこんなにたくさん “ ある ” のに、“ ぽかぽか ” が感じられない人達がたくさん増えてきてる。悲しいけど幸福度の世界ランキングでも日本は43位 ・・・ メダルに全然届かなないー。


私は、幸せじゃ “ ない ” から、
私は、満たされてい “ ない ” から、
私は、足りてい “ ない ”から、


“ ない ” ものを手に入れる為に、

頑張って、
がんばって、
ガンバッテ ・・・ 努力する。 

“ ない ”ものを補う為の努力って、とっても大きなチカラになる。


だけど、


もしかしてだけど、
もしかしてだけど、


チカラにならない時だってある。


かも!?


“ ない ” ものを手に入れる為に、


一生懸命に、
頑張って、
がんばって、
ガンバッテ ・・・ 努力して。


足りない何か? を補う為の努力って、実は、

更に “ない” を膨らませてしまう場合もあるもの。



なんで???


“ ない ” が “ ある ” に変わっても、また、

“ ない ” を求めてしまう → “ ないない循環 ” だから



僕たちの “ 思う ” は、過去に育てられていることがとっても多い。
過去って言葉を用いると、とっても前のように感じるけど、実はほんの数秒前に起こった出来事もすでに過去。人って、一日の99%が過去の記憶にアクセスし、過去の記憶を参照しながら、“ 今 ”の“ 思い ”を育ててる。


ってことは?


今日考えている事の99%は過去にとらわれてる ・・・ !?



僕たちは生まれてから、これまでの間に、


見てきた、
経てきた、
感じてきた、
触れてきた、
体験してきた、
受けてきた、

習わしとか、
風習とか、
教育とか
環境とか、
教えとか、
躾とか、 ってものが、


いつも間にか、


自分にとっての「基準」になって、
自分にとっての「考え方」になって、
自分にとっての「価値観」を育んでいく。


心の中で “なんだか” 、


・ぽかぽかを感じられ“ない”なぁ
・冷た〜い何かを感じるなぁ
・満タンで“ない”なぁ
・足りてい“ない”なぁ  って、感じてしまう


そんな “ なんだか野郎 ” を紐解いていくと、


自分にとって、


良い・悪い
必要・必要でない
大切・大切でない
大事・大事でない って、すり込まれた


「基準」
「考え方」
「価値観」に


とらわれていたり、
とらわれ過ぎていたり、


〜すべき、
〜しなければならない
〜しないといけない  と、


思っている
思い込んでいる
思い込みすぎている


から、


心の中で “ なんだか ” って、

思う心を育ててしまっていることがあるもの。




そんな風に


すり込まれた「基準」が、
自分が大切だと思っていた「考え方」が、
自分にとって大事にしてきた「価値観」が、


実は、


心の奥で、感じている、
心の内側で、感じている、


「本当は○○したい!」気持ちと


かけ離れて過ぎてしまうと、
繋がっていないと、
リンクしていないと、


ぽかぽかでない・・・
満たされていない・・・


あるいは、


苦しい、しんどい、つらいの気持ち(葛藤)


を育んでしまいやすい。


自分らしさを封印!?



幸せは、

・喜び、
・楽しさ、
・希望、
・感動、
・愛、
・安らぎ、
・やる気、
・意味、
・のめりこみ、
・自尊心、
・感謝、

といった心の内側で味わう心の状態。


だとすると???


“ ない ” ものを探し、
“ ない ” ものを求め、
“ ない ” 何か?を手にすることで


幸せになれるというのは、


実は、





かも!?


しれない ^^ ね。



日常には・・・、
喜び、楽しさ、希望、感動、愛、安らぎ、やる気、意味、のめりこみ、自尊心、感謝。
が、たくさんあって、

日常生活の中には・・・、
喜び、楽しさ、希望、感動、愛、安らぎ、やる気、意味、のめりこみ、自尊心、感謝。
が、たくさんで溢れてる。



すり込まれた価値観(枠組み)をちょこっとおいて、

日常に溢れている “ ある ” に気付くことで、


今まで感じたことのない、

“ ぽかぽか ”と、心穏やかな新しい自分に出会えるかも!?


もしかしてだけど ^^






◆もしかしてだけど、其の二


冬の季節は、
寒いから・・・、冷たいから・・・、恐いから・・・、
やめとく?? それもいいね。


冬の季節は、
寒いけど、冷たいけど、恐いけど、
やめとかない?? それもいいね。


もしかしてだけど、


やめとかない=やめとくことを “ しない ” =する選択をした人には、


その後に、

・風邪を引いたり、
・体に不調がおきたり、
・気分が乗らなくなったり、
・辛いなぁって気持ちが、

たくさんたくさん訪れるかもしれない


だけど


“ やめとかない ” 方を、選んだ人には、

今まで感じたことのない、


ぽかぽかと、心穏やかな新しい自分に出会えるかも!?

もしかしてだけど ^^



今日の気づきの時間でした☆

__.JPG
◆photo&message:×sola




 
| comments(2) | trackbacks(0) | 00:09 | category: 毎日を、よりよく変えていく為の“習慣” |
# 〜私のblog Nちゃんの恋愛ストーリー〜

私のブログにいらして頂いた皆様に感謝です!何か一つでもあなたの心に響くことがあったなら、その響きを大切な人に分けて頂けるととても嬉しく思います☆




いつも私のblogをご覧いただきありがとうございます^^


今日は、私の担当しているクラスから “気づきの時間”。





〜小学2年生Nちゃんのちょこっと恋愛ストーリー(体操場にて^^)〜




・Nちゃん「ねぇねぇ、わたしね、すごく今日楽しみなことがあるの!」

・よっしー「へぇ〜。すごく楽しみなことがあるんだね」

・Nちゃん「そうなの」

・よっしー「どんな楽しみなことがあるの?」

・Nちゃん「それはね。Aくんにね、会えるの」

・よっしー「そうなんだ。Aくんに会えるんだね」

・Nちゃん「そうなの」

・よっしー「Aくんのこと、好きなの?」

・Nちゃん「うん、好きなの。」

・よっしー「そっかぁ!それは楽しみだね」

・Nちゃん「うん。それでね、Aくんとはね、両想いなの」

・よっしー「えっ、、両思いなの?」 ←(よっしー驚く^^)

・Nちゃん「うん。そうなの」

・よっしー「何で両思いだってことが、わかるの?」 

・Nちゃん「それはね、Aくんに聞いたら、好きって言ってくれたから」

・よっしー「そうなんだ!よかったね ^^」




Nちゃんは小学2年生の女の子。楽しそうに、自分の気持ちを素直に伝えてくれました。この時期の子ども達を見ていると微笑ましくなりますね。


人によって成長に個人差はあるけれど、小学2年生くらいになると自分主体から少しづつ、周りの人が自分とはなんか違うぞ!ってことを感じ始める時期ですね。

自分が経験した出来事を通じて、気持ちや感情を他の人の立場に立って添えられるようになったり、「一方的に話したり」「一方的に伝える」ことから、「話し合おうとして考える力」を育んでいったり。そんな時期に入ってきているんだなぁと改めて感じていた私です。


これまでの
Nちゃんは、どちらかというと「私の事を見て見て!」「分かって分かって!」の気持ちがたくさんな女の子でした。でも今回はちょっと違うな!と感じました。

Aくんとのコミュニケーションを通じて、自分の気持ちを大切にしながら、人のことも大切にできる、そんなよりよい心を育んでもらいたいと思います。







さて、今日の気づきは、






「●●かどうかは、わからない!!」






今回、



Aくんが、Nちゃんの事を本当に好きなのかどうか?ってことは、





:よっしー「何で、両想いだってことが、わかるの?」 

A:Nちゃん「Aくんが好きって言ってくれたから!」






と、





Aくんが、好きだと言う “事実” を、


ちゃんとNちゃんに伝えてくれていたから。






だから、自分の中で感じている “想い(感情)” が、“事実”とちゃんと繋がった。


そして、その繋がりは“楽しい気持ち” に膨らんだ。






だけど、






世の中には、そうでないことに振り回されてしまうことが、たくさんある。





・私のコト、分かってもらえていない・・・。

・私のコト、理解してもらえていない・・・。

・私のコト、認めてもらえていない・・・。

・僕のコト、愛してくれていない・・・。

・僕のコト、〜してくれていない・・・。






だから、





不安で・・・。 と。





でも、、





Q:「どうしてそれが、分かるの??」






・私は、どうせ嫌われているんだろう・・・。

・私は、どうせ必要のない人間だと思われているんだろう・・・。

・私は、どうせ悪く思われているんだろう・・・。

・私は、どうせいい加減な人だと思われているんだろう・・・。

・私は、どうせ頭が悪いと思われているんだろう・・・。

・私は、どうせ○○だろう・・・。







だから、





不安で・・・。 と。





でも、、





Q:「どうしてそれが、分かるの??」






僕たちって、意外と、



実体のないものに振り回されていることって、



たくさんたくさんある。






人は、目で見て、耳で聞いて、体で感じて、情報を心(脳)で感じとる。



そして、その情報は、





自分の言いように、あるいは、

自分の悪いように、




自分の都合のいいように、あるいは、

自分の都合の悪いように、







自分で、

・勝手に、

・意味を付けて、







思考付ける。





いわゆる





解釈と言う名の習慣を、自分で作ってしまうことが往々にしてある。






・怒られたから、私は・・・。

・厳しいことを言われたから、私は・・・。

・冷たくされたから、僕は・・・。

・メールがこないから、僕は・・・。







でも、






○○○だから = 嫌われてる






とは?






限らないですよね。






・悩んで

・振り回されて

・答えのないことを、一生懸命探し求めていると感じたら、







Q:「どうしてそれが、分かるの?」






って、






自分の心に聴いて見ることで、



自分で勝手に思考付けている(自動思考)を手放し、



新しい自分に出逢えるかも知れませんね。






そして、






Nちゃんのように、自分の伝えたい事があるなら、恐れずに伝える。






とても、大切な事ですね。






伝えないと、伝わらないし、

伝えないと、分からないこともあるし、

伝えないと、理解してもらえないことって、







たくさんある。






言いたいことを我慢して、苦しくて、しんどくて、


そんな風に、これからの未来の時間を無駄にするよりも、





思い切って感情を投げかけてみることで、新しい自分に出会える事がきっとある。





ちょっと勇気がいるけどね。






私も、水が如く、アサーションしながら、恐れずに前へ!!



進むとしよう。







今日の気づきの時間でした☆




体操深呼吸女の子.jpg



| comments(0) | trackbacks(0) | 01:24 | category: 毎日を、よりよく変えていく為の“習慣” |
楽天
人生が変わるオススメ本
コメント
モバイル
qrcode
Well・Beイベント動画
検索
Trackback
Sponsored Links