心がふわっと軽くなるブログ

ネガティブな状態から自分らしさを取り戻し、
穏やかな風を手に入れるHappyBlog☆
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 夢を実現する為の近道 Part.4 ~今いる現実が、実は夢に一番近い場所☆~

----------------------------------------------------------------------
私のブログにいらして頂いた皆様に感謝です!!  
お時間の許す限りゆっくりとご覧頂けると嬉しく思います
 

---------------------------------------------------------------------- 

※何か一つでもあなたの心に響くことがあったなら、その響きを大切な人に分けて頂けるととても嬉しく思います。
  Your happiness is my pleasure☆


今回は、 “夢”を実現する為に近道があるのか? 

という事について考えみました。

夢を実現したい・・・。そう願う人々はたくさんいます。 私もその一人!!

夢を実現する為に、今の仕事や、今取り組んでいる道の延長線上にあると感じているなら、この続きは読んでもらわなくてもいいと思います。

でも、そうじゃない場合・・・、

今回は、Part.4

もし、夢を忘れかけている。 
もし、夢を諦めかけている。

そう考えている人がいたなら、続きを読んでもらいたいと思います。
まだまだ夢を追いかける日々が続いている“そんな私”、が言うのもなんなのですが・・・、
視点をほんのちょっと変えるだけで、
心の持ち方が随分と楽になった自身の経験と気付きを書き綴ってみたい。(part.4)

------------------------------------------------------------------

◆実話エピソード(海辺編)

お盆休中、海辺に“一人旅”に出かけました。

懐かしき海辺に到着すると駐車場を管理している、ある一人の“おっちゃん”に出会いました。
偶然なのか必然なのか・・・、普段止める事のない駐車場に車を止めた事で多くの気付きを、私に与えてくれた“一人のおっちゃん”です。

(早々に良縁の効果なのか・・・!?)

おっちゃんの年齢は80歳。どうみても60歳代に見え、目は輝いて生き生きしていた。
おっちゃんは初めて出会う私に、やさしい口調でこう話を始めました。

「お兄さんは、夢はあるかね?」 と、

そして、

「人は夢を持ち続けなきゃいかんよ」  そう、私に言いました。

話を続けた。

「でもね、夢を叶えることが幸せなんじゃないんだよ。」

「夢を抱えて進んでいくことが幸せなんだよ。」
  
私にそう言った。

「わしらの時代は、頭があったら、それで飯が食べれて生きられたから、幸せを手に入れられた。
でもね、頭がないもんは、自分で幸せを手にいれる術を自分で探さんとならんかったのよ。
わしは頭がなかったから、幸せを手に入れる為に思いついたことは何でもチャレンジした。でも、その分多くの失敗もしたね。ひどい時なんて、1億もの借金を抱えた時もあったね。その時は、嫁さんにえらいどやされたけどね・・・。」

話を続けた、

「がむしゃらにチャレンジしてこれたから、今、こうし幸せでいられる。新しい事、やりたいことにチャレンジしてきたから今がある。まぁ、脳卒中で倒れた時もあったけどね。でも、後遺症もなく元気でいられる。たぶん、神様がちょっと休めって休養を与えてくれたんだろうね。」

そして、

「ここの駐車場、去年オープンさせたんよ。」

 ・・・ (つまり、79歳にしてもまだ現役で新たなチャレンジを続けている言うことだ!!)

「世間様からはいろいろ言われたこともあったけど、人生一度きりなんだよ。生まれた事には意味がある。だから、夢を持ち続けなきゃならんよ。わしもこの年になってようやく自分の残せるものが見えてきたね。」

そして、

「もし、どこ目指していけば分からんくなったら、今、目の前にあることに心向けて、一生懸命やればいいんだよ。」

おっちゃんは私にそう話をしてくれました。

言うまでもなく“おっちゃん”は巨大な富を抱き、多くの人達に感動を与えている。

------------------------------------------------------------------

これを読んで下さっている人達の中にも

・自分の夢が見つからない・・・。
・叶えたい夢はあるけれど、何も手がつけられず時間だけが過ぎていく・・・。
・今取り組んでいることが、自身の抱く道なのか不安になるときがある・・・。

そう感じながら、日々の生活を送っている人も多いのではないかと思います。

・誰だって道に迷うそうな時はあるし、悩むことだってある。
・頑張っているのに答えが出ない時だってあるし、全部出し切ってもダメなときだってある。
・居場所が見つからない時だってあるし、会いたい時に会えない時だってある。

そうした直面に遭遇すると、あきらめないこと、チャレンジし続けることに意味があると自分に言い聞かせ、見る景色を変て見るとエネルギーが湧いて出る。


◎皆さんの幼き事の夢は何ですか?


・小学1年生の時は、プロ野球選手。
・小学2年生の時は、パイロット。
・小学3年生の時は、サッカー選手。

中学生でさえ、ミュージシャンにあこがれていた時がありました。

どれも実際になるには大変ですけど、そうなりたいと思っていた頃を思い出します。
大学生くらいになると、いよいよ現実的になってくるのですが、それでも“夢”を思い求める人はたくさんいたように思います。

中には、夢だという認識はなくても、、好きな事や、興味のある事に心惹かれて、あえて正規の職につかない人だってたくさんいるように思います。

それも夢追う範疇にいれてもいいのではないかと思います。


“夢”を追いつづけるということは、“理想”を追求するということ。


好きな事や、興味のあること・・・、その夢が大きければ大きいほどそれを実現しようと思うと、先ゆく道がはっきりと描かれているわけではないので、不安がたくさんと伴います。
時間が立てば立つほどに、周囲からは正規の職を勧められたり、周りの同僚を意識することで、自ら安定を選ぶ人もたくさんいるのではないかと思います。

そして、正規の職につければまだましなほうで、世の中にはフリーターと呼ばれる人たちや、ひきこもりと呼ばれる人たちがたくさんいる事も事実です。

今年、15歳〜39歳までの引きこもり人口は何人いるかご存知ですか?
実は、155万人いると報告されています。

こうした人達はもちろん仕事にいけなくて、学校にもいけなくて、就職活動 はもちろんしていないような人達です。

でも、思います。

こうした人たちが「理想」を持たずに生きているのかと言うと決してそうではなくて、「理想」と「現実」の狭間で生きているんじゃないかって。
生きることに対する「理想」が大きいために、「現実」の中では生きる事を見出せなくなってしまっている・・・。

つまり、大きな大きな不安の中にいる。

そう感じる時があります。

“夢”が持ちにくくなっているとうことは、“夢”を実現しにくい世の中。
つまりは、社会の問題であるともいえますが、その話はここではさておき・・・、

前に進む為にあえて、「現実」を選ぶ事も、時には必要な場合もあるのではないかと思います。


「理想」と「現実」の違いについて考え見ると・・・、


※「理想」というのは、ここにはなくって、求めるもので、自分の到達したい場所であったり、あこがれの対象。

※「現実」と言うのは、いまここにあって、与えられるものであり、抜け出したい場所。

そう考えていくと、「理想」を選択するということは、前に進みたい時。
あるいは、今の場所から抜け出したいときだと言い変えられるかもしれません。

そして、「現実」を選択するというのは、今いる場所を“受け入れようとする”ことなのでしょう。

先にも触れましたが、「理想」が高すぎてしまう場合だと、遠すぎて挫折してしまったり、あきらめてしまう場合だってあるのではないかと思います。
例え、前に進めていたとしても、高すぎるために、時間が持てなくて無力感を感じてみたり、能力が無いと思う気持ちが、自分自身を否定する心へと変化させてしまう場合もあるのではないかと思います。 せっかく前に進めているのに、大きすぎるために・・・。

つまり、それが
 「理想」=「夢」であったとしても同じです。

世の中には“夢”を抱き、夢を追いかけ続けられる人達がいる一方で、そうでない人達もたくさんいます。

そんな時は、
「現実」を選ぶと言うことも“夢を実現するための近道”だと思えます。

なぜなら、

※「現実」の先に、「理想」が控えているから・・・。
※「現実」の先に、「夢」が控えているから・・・。

「現実」を受け入れることができれば、失敗を乗り越えることだってできるし、壁を乗り越える事だってできる。

そして、前に進むことだってできる。

そうすれは「理想」を捨てなくても前にすすめるんじゃないかって思えます。「現実」を受けれてしまってそれでおしまいとなれば、もうだれも、現実を受入る事が出来なくなってしまいます。
誰もが「現実」を受け入れながら、「理想」を追い求める価値観を持てるようになった時、世の中のひきこもってる人達の人口も減り、社会は新しい時代に向かって走り始めるのかもしれません。

「現実」の向こうの素晴らしき景色がたくさんみられますように・・・。

そして、

“今いる現実が、実は、“夢に近い場所にいる”

そう信じ、そう願う心がまた、

明日を楽しく、元気に、積極的に歩いてゆく為の毎日が“HAPPY”になる道 を、歩いてゆけるのではないかと思います。


おっちゃんありがとう。また会いに行きます!!

CIMG2616.JPG







 

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:14 | category: 夢を実現する為の近道☆ |
# 夢を実現する為の近道 Part.3
---------------------------------------------
私のブログにいらして頂いた皆様に感謝です!!  
お時間の許す限りゆっくりとご覧頂けると嬉しく思います 

--------------------------------------------- 

※何か一つでもあなたの心に響くことがあったなら、その響きを大切な人に分けて頂けるととても嬉しく思います。
  Your happiness is my pleasure☆
 


前回△任蓮 “夢”を実現する為に近道があるのか?
という事について考えみました。

夢を実現したい・・・。そう願う人々はたくさんいます。
私もその一人!!
しかし、夢を実現する為に、今の仕事や、今取り組んでいる道の延長線上にあると感じているなら、この続きは読んでもらわなくてもいいと思います。

でも、そうじゃない場合・・・、

今回は、Part.3

「夢を実現したいが、その夢が見つからない・・・。」



そう考えている人がいたなら、続きを読んでもらいたいと思います。
まだまだ夢を追いかける日々が続いている“そんな私”、が言うのもなんなのですが・・・、
視点をほんのちょっと変えるだけで、
心の持ち方が随分と楽になった自身の経験と気付きを書き綴ってみたい。(part.3)


◎こんな風に感じたことはありませんか?

・自分の夢が分からない・・・。
・自分のやりたいことがわかない・・・。
・今取り組んでいること、今携わっている事が自身の抱く道なのか不安になるときがある・・・。

私もそう感じていたことがありました。

・自分の夢がいったい何なのか?
・自分は何がやりたいのか?
・自分はどんな人間になりたいのか?

気持ばかりが焦り、結局何も手がつけられずに時間だけが過ぎていく・・・。

高校を卒業し、専門学校に入り、
そして、また大学に4年間通い・・・、
いわゆる、“自分探しの旅”が随分と長く続いた。(まだ旅の途中ですが・・・)

今は、過去のそうした時間があるから、“今”がある、と、そう思えるようになった。

多分、私以外の人の中にも、同じように道に迷いそうになったり、自分の進むべく道に悩んでしまう人がたくさんいるのではないかと思う。

前回のブログの中にも少し書かせていただきましたが、

自分のやりたいことや、叶えたい夢というのは、 


今の現実が、既にそうであるという事。

つまり、

今、いる場所、
今、就いている仕事、
今、携わっている現実が、

実は“夢に一番近い場所にある”言う事。

しかし、ほとんどの人は、その事に気づかずに

「夢が見つからない・・・」
「やりたいことが見つからない・・・」

そう感じ、悩み、苦しみ、前に進めずに立ちどまってしまう人を多く目にします。


実は、そう感じてしまう“心”を紐解いてゆくと・・・、

「自分の夢が見つからない ・・・」
「自分のやりたい事や、進むべく道が分からない・・・」 

そう感じてしまう自分自身の心というのは、実は、自分自身が作り出している心だという事。

その心が、

「自分の夢を見つけようとしていない行動を引き起こしてしまう」

もう少し分かりやすく言うと、

「夢がみつからない・・・」 と、“意識”しつづけてしまうことによって、

あなたの心の奥深くに感じる、“無意識のこころ”もまた・・・、

「夢をみつけようとしない心」を作り出してしまう。

その思考が ”当たり前の考え方”になってしまっている可能性があるということ。


例えばこんなことはないでしょうか?

※「朝5分早くおきるぞ!」と思っていても、起きられない・・・。
※「明日からは○○○するぞ!!」って思っていても、三日坊主で終わってしまう・・・。
※「彼氏・彼女がいない」と言いつつ、何にも行動に移せずにいる・・・。

ありますよね?

実は、夢が見つからないことと、上記の例えというのは、まったく違うように見えて、実は同じ事なのです。

なぜなら、“意識”の中では、「○○○しよう!!」と思っていても、実は、心の奥で感じている“無意識の心”が、「別に今○○○しなくてもいいんじゃないか?」と、感じているからです。


つまり、 「意識する心」 ≠ 「無意識なる心」 (イコールでないって事)


思っていても、「行動」がついてこないのは、

心の奥で感じている“無意識の心”がそう望んでいない為に、

「夢を見つけられない」「目標を見出せない」「行動に移すことのできない」、自分自身を作りだしている可能性がある!!と言う事なのです。


「すべての現実はあなた自身が作り出している」

そして、

「あなた自身のイメージした事が、今の現実の元に引き寄せられて起きている」 と言うなのです。


※今の状態からの脱皮・・・。 そして、
※夢を見出す為の、心の持ち方をどうすればいいの?


今回は、現在の心の持ち方から脱却する為の方法を考えてみました。


それは、日々の行動をほんの少しづつ変えてみる事が大切!!

今の固定化された日常生活の中で、ほんの少しづつでいい・・・、

自分に風を感じられる機会を作り、“実行”してみる事。


例えば・・・、

・朝、1分早く起きる
・朝、空を見て深呼吸をしてみる。
・昼、いつもと違う場所で食事をする。
・昼、いつもと違う人と食事をする。
・自分の机を掃除してみる。
・いつもと違う人と出会う。
・夜、星を眺めて今日の日を感謝する
・夜、星を眺めながら明日の楽しみを一つ見つけてみる。


何でもいい、

・夢を見つける為・・・、
・夢を叶える為・・・、
・目標を見出す為・・・
・目標を叶える為」・・・、
・自分自身を変える為・・・、

その為に、ほんの小さなことからでいいので自分自身の「行動を変えてみる」ということが大切。


「今やってる事や取り組んでいる事が、果たして自分の夢や自分の描いている道なのか?」 って事は、はっきりいってどうでもいい。


そんなことを「いつも考えしまっているあなたの思考」をまずは変えなければならないという事がとっても大切!!

それが、夢に近づく為の“第一歩”


とにかく、目の前の事や、今の生活にほんの少し変化を加えてみる。

そうすることで、日々の“意識”が変わり、“行動”が変わり、“見えてくる景色”が変わり、

“心の持ち方”にだんだんと変化を感じられるようになるのではないかと思います。


大きな夢は、小さな行動の積み重ねの先にある。


そう信じ、そう願う心 
がまた、

明日を楽しく、元気に、積極的に歩いてゆく為の毎日が“HAPPY”になる道 

を築いて行くのではないかと思います☆



| comments(0) | trackbacks(0) | 00:01 | category: 夢を実現する為の近道☆ |
# 夢を実現する為の近道

---------------------------------------------
私のブログにいらして頂いた皆様に感謝です!!  
お時間の許す限りゆっくりとご覧頂けると嬉しく思います 

--------------------------------------------- 

※何か一つでもあなたの心に響くことがあったなら、その響きを大切な人に分けて頂けるととても嬉しく思います。
  Your happiness is my pleasure☆
 


前回,任蓮◆“夢”を実現する為に近道があるのか?
という事について考えみまいた。

夢を実現したい・・・。そう願う人々はたくさんいます。
私もその一人!!
しかし、夢を実現する為に、今の仕事や、今取り組んでいる道の延長線上にあると感じているなら、この続きは読んでもらわなくてもいいと思います。

でも、そうじゃない場合・・・、

今回は、

何かを捨てなければ前に進めない・・・。


そう考えている人がいたなら、続きを読んでもらいたいと思います。
まだまだ夢を追いかける日々が続いている“そんな私”、が言うのもなんなのですが・・・、
視点をほんのちょっと変えるだけで、
心の持ち方が随分と楽になった自身の経験と気付きを書き綴ってみたいと思います。


◎こんな風に感じたことはありませんか?

・自分のやりたい事を叶える為には、何かを捨てないと前にすすめないんじゃないか?


そう感じた事がある人も多いのではないでしょうか?

実は私もそんな風に感じていた時期がありました。

仕事でも成功したい。 趣味でも一流に近づきたい。 とにかく新しい事にくチャレンジしたい・・・。
そんな風に、やりたいことがたくさんあって、なかなか全部を実行するとなると、時間が足りない、上手くコントロールできい・・・、そう感じていたことがありました。

そんな時間が続くと、結局前に進めずに、立ち止まりの繰り返し・・・。

さらに、どちらか一方を捨てて、どちらかに方向を定めなけらばどれも中途パンパになるんじゃないかと、不安を感じる事もありました

しかし、最近になって強く感じることは、

「何かを捨てないと前に進めないんじゃないか?」

そう考えしまう“思考(考え方)が、

実は、
前に進もうとしない自分自身を作り出しているのではないかと言う事。


もう少し分かりやすく言うと、例えば、

※「何か大きな失敗をしてしまったとします。」
 すると、「また、失敗をしてしまうんじゃないか」と、いつも考えてしまう思考・・・。

※「何かミスをおかしてしまったとします。」
 すると、「また、同じ事をくりかえしてしまうんじゃないか」と、いつも考えてしまう思考・・・。

人は誰しもが、ミスを犯してしまったり、失敗をしてしまうと、どうしても「また同じことをくりかえしてしまうんじゃないか?」との不安を抱えたり、考え込んでしまいます。

いつも“不安”を抱えたままでいる人は、その“不安”を抱えたままだから、いつも不安な状態が続いてしまう・・・。

つまり、その不安を処理する“思考”が身についていない為に、不安なままの状態が続いてしまうって事。

誰だって、ミスや失敗はあるし、道に迷う事もある。
また、決断を迫られても、答えを出せない事もある。

大切なのは、こころの持ち方。

つまり、今の事実をプラスのイメージに変える


“思考”が身に付いているかどうかどうか?


ということが、自身の「行動」に深く影響をもたらしてゆくということ。

自分自身の“行動が、自分の「意識(思考)」から導かれたものだとすると、

※「何かを捨てないと、前に進めないんじゃないの?」 あるいは、
※「決断が出せない」「答えが出せない」状況というのは、

実は、「意識の中」では早く答えを出そうとしているんだけれども、「心の奥の無意識」の自分が“納得できていない”あるいは、“共感できていない”から、「行動」に結びつかないだけのこと。

「迷った時には決断してはいけない!と、言う言葉がありますが、実はその言葉の意味をひも解いてゆくと、

迷っている時というのは・・・


“意識している自分の心”と、“無意識なる心”とが一致していだけ。


※「こうしよう!!」と、意識の中で、決断できていても、「無意識なる自分の心」が決断できずにいる。
※「こうしたい!!」と、意識の中では、言い聞かせていても、「無意識なる自分の心」が、それに納得できていない。

「無理に決断を急いでしまった為に、跡で、後悔してしまった・・・、」と、言うのも実はその為。

「何かを捨てなきゃ前に進めない・・・」、

そう思いながらも決断できないでいる状態というのは、
実は、それに納得できていない、自分(無意識なる自分)が心の中にいるわけで、共感できていない自分が心の中に存在するから・・・。

なので、「何かを捨てなければ・・・」、と、決断を急いでしまいそうな時ほど、

 
◆自分自身の心に、うそや我慢する心がないか、“素直”に問いかけてみてる。
◆思い固まった思考から答えを導き出そうとはしていないだろうかと、もう一度自分自身に問いかけ直して見る


自分の心に“素直”に、“正直”に目を向け、歩み寄る心の幅が広がれは、「意識で言い聞かせている自分」と、「無意識なるこころ」とが一致し、“心の持ち方”少し楽になるかもしれません。

そして、それぞれに出した“答え”が、それぞれに“こころから望んで導かれたもの”だとしたなら、

自分の出した答えを 強く信じること”

そうすれは、自身の行動や思考は必ず“プラスの影響力”を持っていきます。

※そう信じるこころがまた、更に前向きに考えようとする思考を生み出してゆく・・・。
※そう思えるプラスイメージの思考が、当たり前になっていく・・・。

つまり

「何かを捨てる・・・」
、という思考から、
「目指す先の為に今の行動がある・・・」


そう思えていくようになります。


そしてそれは、どれもが“夢”や”目標”や“叶えたいこと”の道に道かれてゆくのではないかと思います


※もし、「どちらか一方を“捨てる”決断をしてしまった!」
もしそう感じている人がいたなら、それはそれでいいのです。
なぜなら、「捨てる」と言う決断もまた、同じなのですから・・・







| comments(0) | trackbacks(0) | 23:56 | category: 夢を実現する為の近道☆ |
# 夢を実現する為の近道
----------------------------------------------
私のブログにいらして頂いた皆様に感謝です!!  
お時間の許す限りゆっくりとご覧頂けると嬉しく思います 

---------------------------------------------- 

※何か一つでもあなたの心に響くことがあったなら、その響きを大切な人に分けて頂けるととても嬉しく思います。
  Your happiness is my pleasure☆


今日は、 “夢”を実現する為に近道があるのか?

という事について考えみました☆

夢を実現したい・・・。

そう願う人々はたくさんいる。

私もその一人!!

“夢”を実現する為に、今の仕事や、今取り組んでいる事が、その道の延長線上にあると感じているなら、この続きは読んでもらわなくてもいいと思う。

でも、そうじゃない場合・・・、

,垢任北瓦鮗存修垢觧をあきらめてしまっている・・・。

あるいは、

¬瓦鮗存修垢覦戮砲蓮何かを捨てなければならない・・・。

あるいは、

L瓦鮗存修靴燭い、その方法がわからない・・・・。


そう考えている人がいたなら、続きを読んでもらいたいと思う。

まだまだ夢を追いかける日々が続いている“私”、が言うのもなんなのですが・・・、

視点をほんのちょっと変えるだけで、

心の持ち方が随分と楽になった自身の経験と気付きを書いてみたい。


今回は、

,垢任北瓦鮗存修垢襪海箸鬚△らめてしまっている・・・。

そんな人の為の“心の持ち方”を考えてみました。

自分の“心のエネルギー”というものは、「自分自身の心の葛藤」から導かれてゆく場合があるという事は以前にも書かせて頂きました。

もちろんその葛藤が、“自分自身の満足を得るが為の葛藤”であったとしても、それは大なるエネルギーを生み出してゆく。

でも、自分自身の為だけではなく、人々に対する“役立ちや、喜びや、笑顔や、感動を提供したいと思える心”が芽生えた時、あるいは、その気持が膨らめば膨らむほどに、その意識は、“無意識なるこころ”へと結びつき・・・、

「行動」に表れやすくなります。


もう少し深めて考えてみると・・・・、


“心”というのは、心理学的に深めていくと、

◆「〜したい!!」と“意識できる心と、
◆「自分にも解っていない“無意識と呼ばれている心” とに分かれている。


“意識できるこころ”というのは、「自分の意思で〜したい!!」 、あるいは、
「できるかどうか心配なところもあるけれど〜にチャレンジしてみたい!!」、と、意識してそう思える心。

なので、自分で言い聞かせられたり、意識できているからまだいいんだけれど、


問題は“無意識なる心”が納得できているか? と、言うことが、とても大切になる。


◎こんなことはないでしょうか?

※「頭では〜しなければならない!」と、意識できているのに、“行動”に移せない」。
※「頭では〜しなければならない!」と、感じているのに、“いつも後回し”になってしまう」。


つまり、ただ思い描いているだけで終わってしまっているというやつだ!!

それらは、実は“無意識なる心”納得できていない為に“行動”を妨げてしまっている!! ってことなのです。

(※この“無意識なる心”は、乳幼少期以降、家族や、自分を取り巻く様々な関わり会いを通じて育まれてゆくもので、時に幼いころに閉じ込めて決まった気持・・・「納得できない気持ち」や、「我慢をし続けたことによる経験」がある場合、そのこころを“無意識なる心”の中にため込んでしまうことがあるのです。(自分に自身を持てない心や、人を信頼できない心として溜め込まれてゆく) 
・・・ その事は少し話が深くなるのでまた次の機会にするとして・・・、

つまり、

“自分の叶えたい“夢や目標”が“無意識なる心”で、必要だと認識できているかどうか?

ということがとても大切になるという事。

そして、“無意識の心”が、その夢や目標を必要だと感じられた時、

自らの行動に繋がりやすく、夢や目標を叶える近道になるのです。

●問題は、その“無意識の心”への納得をどうするか?
●意識できていない“無意識なる心”への納得をどうするか?


って事がとても大切になる。


今回は、その為のポイントを一つ考えてみました。

それは、

◆毎日、“視覚”で確認してみるということ。

つまり、自分の叶えたい夢や目標を、毎日確認してみるということ。

●「夢や目標を紙に書いてみる」 ・・・ そしてそれを毎日視る。
●「夢やなりたい自分をイメtージできる写真」を ・・・ 毎日視る
●「叶えたい夢の絵」を  ・・・ 毎日視る。
  などなど、 

なんでもいい。

毎日朝起きて、あるいは、
毎晩の就寝前などに視覚で確認するということ。

そうすることで、“視覚”から経た情報が、実は“無意識の心”の中に伝達されてゆく。

つまり、そうなると「行動」として現れやすくなるということです。


これは私事なのですが、昨年から自身の夢や目標を毎晩確認するようにこころがけるようにしました。(ちなみに今年掲げた目標は50個。仕事・趣味・旅行・健康・・・などなど。)
実は、このブログもその一つ。

・自分の叶えたい夢や、叶えたい事、
・欲しい物や、行きたい所、
・出会いたい人や、手にしたい事 ・・・ 。

「言葉」で、「写真」で、「絵」表し、それを毎晩目にすることにしてみた。

はじめは半信半疑で初めたのですが、毎日その夢や目標を確認することで、少しづつだけれど、叶えられてゆくものが増えてきたように感じています。

また、そうすることで、“気持ちが自然と前を向き始め”ちょっとした人間関係のもつれからの気持ちの切り替え”や、“自身の弱み対する克服にさほど時間がかからなくなり”、いつも目指す先への気持ちが確認できている自分に驚かされている。

当然、やることが増えたりして、とっても忙しくはなるのだけれど、

毎日に充実感を感じられるようになった。

なので、

もし、“夢をあきらめている人”がいたなら、

もう一度、その夢を思い出し、

そして、その夢を書き留め、

毎日“視覚”で確認してみてはどうでしょうか?


人生一度きり、どうせ生きるなら楽しいほうがいいですよね?


Your happiness is my pleasure☆★☆






| comments(0) | trackbacks(0) | 08:52 | category: 夢を実現する為の近道☆ |
楽天
人生が変わるオススメ本
コメント
モバイル
qrcode
Well・Beイベント動画
検索
Trackback
Sponsored Links