穏やかな風を手に入れる “HAPPY LIFE”

ネガティブな状態から、心がふわっと軽くなり、
自分らしさを取り戻すHappyBlog☆
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# だらだらし過ぎで・・・

 

 

最近、プールに来てくれている低学年の(a)子どもちゃんを持つ、(b)ママさんからいただくお声として…、

 

・子どもがだらだらしすぎて…

・もっとちゃんとしてほしい…

・いったい何が気に入らないのだろうか…

・厳しくいった方がいいんだろうか…

・とにかくシャキシャキしてほしい…

・もっと頑張ってほしい…

 

このようなご相談や光景を目にします。

 

そのようなお声を頂くと、(b)お母さんの気持ちにも答えようと、

 

・だらだらしている理由を聞いたり、

・子どもへの働きかけを変えてみたり、
・時に期待をぶつけながら、

・手立てを一緒に考えて

・関わります。

 

このような場面をみて、改めて大事なことだと気づかされることがあります。

 

それは、

 

(a)お母さんの気持ちにしっかりと寄り添いながらも、

 

“現場”で直接子どもたちと関わる場面では、(b)子どもの気持ち”への共感。

 

 

◎なぜ、だらだらしたくなるのだろうか?

 

◎だらだらすることに目的があるとしたら、それはいったい何だろうか?

 

です。

 

 

このような場面に遭遇すると、(a)お母さんの気持ちに答えようと、

 

・厳しく指示したり、

・頑張りなさいと動機づけをしたり、

・頑張らないと〜は無しだからね!と、罰的な関わりを強めてしまいがち。

 

 

でも、

 

 

だらだらしたい気持ちのど真ん中にいる“子どもの視点”にたつと、更に見えてくものがあります。

 

 

私達大人も、だらだらしたいときってありますよね。

 

だらだら過ごしたいときって、いったいどんな時でしょうか?

 

いろんなことが考えられると思いますが、

 

僕の場合は、“一生懸命に頑張った後”に、だらだらしたくなることが多いです。

 

 

もしそうだとしたら、

 

だらだらしている子どもたちも、何か日々の生活の中で、

 

“頑張っていること”があるのかもしれません。

 

“だらだらしているその場面”だけを切り取って考えてみると、頑張っていることはわかりにくいものですが、

 

でも、

 

・その日を通じて、

・一週間を通して、

・一か月を通して、

・半年を通して、

 

「頑張っていることがあるとしたら、それは何だろう?」

 

切り取る視点をすこしチャンクアップして、その視点から子どもの心を覗いてみると、

 

その答えに辿つくことがあります。

 

例えば、

 

・甘えたいのを、頑張って、我慢している。

・家にいたいのに、頑張って、学校にいっている。

・言いたいことがあるのに、頑張って、黙っている

・食べたいものを、頑張って、我慢している。

・遊びたいのを、頑張って、我慢している。

・どこかに行きたいのに、頑張って、家で過ごしている

 

などなどです。

 

 

特に今年は、コロナという大きな出来事がありました。

 

・出たくても、出られない。

・行きたくても、行けない。

・したくても、できない。

 

さらに、そのような状態が一度習慣化されてしまうと、

 

なかなか抜け出せなくなる。

 

自転車の漕ぎ始めがすごくしんどいのがそれですね。

 

 

そして、

 

 

そうした状況の中で当人が感じている“あるある”のが、これです。

 

・ちゃんと、頑張らないといけないのに、だらだらしてしまう…。

・もっと、頑張らないといけないのに、だらだらしてしまう…。

 

・「頭」ではわかっているのに、「気持ち」がついていかない…

・「頭」ではわかっていることを、人から言われると、もうそれは……

 

私のことをわかってくれていない。

私のことを見てくれていない。

私のことを理解してくれていない。

 

の、負のスパイラル(←不信)

 

 

「だらだらしている」

 

“行動”を見るのではなく、“目的”への共感は、

 

行動を変える第一歩☆

 

 

もちろん自分の気持ちに対してもですね ^^

 

よっしー。

 

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: - |
# 毎日を健やかに活きる為のヒント☆

 

夏が終わり、すこしづつ秋の気配ですね。

 

年齢と共に現れるさまざまな“ちょっとした変化”

 

この夏は、“ちょっとした変化”を受け取りながら、食事や生活リズム、運動などの生活習慣を見直す準備期間として過ごしました。その時折に訪れる“ちょっとした変化”に気づけずにいたり、気づいていてもこの程度ならまだ大丈夫だから…と見過ごしてしまうと、やがて大きな姿で私たちの前に立ちはだかることになります。

 

僕もこんなことを書きながら、自分の身体のこと以上に、仕事や人の事を優先してきたことでその変化を受け取ることができず過ごした時間がありました。今強く思うことは“ちょっとした変化”は未来を健やかに活きるプレゼント。

 

そして、

 

変化を大事に受け取りながら日常を過ごしていく為の努力は、決して裏切らないし、他者貢献につながる第一歩でもあるということに気づかせていただきながら今回のブログを書き綴ってます。

 

 

みなさんはこの夏、“ツクツクボウシ”の蝉の鳴き声を耳にされましたか?

 

夏の始まりに聞こえるミンミンゼミ。

 

そして、

 

夏の終わりに聞こえてくるツクツクボウシ♪

 

この鳴き声の変化にもし気づけていなければ、五感を切った日常を過ごしているかもしれません…。

 

子どもの頃って、五感で感じたままに生きていますね。楽しいことは笑って、嫌なことはイヤで、悲しいときには泣いて…、心が感じたありのままを素直に表現しながら今日を迎えてこられた方が多いのではないかと思います。

 

心が感じたままを表現できている時って実は、「本当は〜したい!」の気持ちが素直にできているからストレスが小さいんですね。でも、大人になるとだんだんと頭で考える力が育ち始めますね。

 

「身体が疲れているのに、もっと頑張らないといけない…」「休むとみんなに迷惑をかけてしまう…」

 

「本当は体を休めたいのに、それではいけない…」と頭で言い聞かせながら頑張り続けている状態がまさにそれですね。頑張ることは決していけないことではないのですが、“気持ち”よりも“頭”で考えることを優先させ過ぎてしまうと、それがあなたの日常になり、“本当の気持ち”にすら気づくことのできない日常が定着してしまうことがあります。

 

五感をきった日常が当たり前になってしまうと “ちょっとした体の変化”でさえも気づけなくなってしまうのです。

 

そこで、今回は、五感を豊かに呼び起こす為の方法を一つお伝えしたいと思います。

 

それは“音”。

 

私達が五感…中でもちょうかくを通じて受け取る情報の一つに「音」がありますね☆

 

「音」には、一定に近いリズムのようで、実は不規則なリズムが存在しています。この不規則なリズムは「1/fゆらぎ」と呼ばれているもので、規則的でもランダムでもない、丁度いいあんばいな“ゆらぎ”のこと。

 

実は私たちの体にも「1/fのゆらぎ」を持っていて、心拍や体温、呼吸のリズムに大きく関わっています。ですので、自然現象である“音”を感知すると、人のリズムと共鳴し合い、自律神経が整えられ、精神が安定し、活力が湧くと考えらているのです。

 

波の音や川のせせらぎ、鳥の鳴き声、風の音、炎のゆらめきなど、自然界にたくさん存在している「1/fのゆらぎ」。疲れた心と体を回復する方法として“音”が、あなたの心に穏やかさを呼び起こす手助けになるかもしれません。ウェルビをご利用の皆さまも、ぜひスピーカーから流れる“音”に気持ちをゆだねてみて下さいね☆

 

ps.こんなことを綴っている私も、実は7月から体調が総崩れ。なんとか生きてます。2020年の夏は新たな生活習慣を見直す準備期間として過ごしました。食事・睡眠・運動。そのすべてを見直している最中です(コロナではないよ笑)。ようやく回復に向かい始めてきましたが、継続は力なり。自分の心と体を大事にしながら次なるステージに向かって歩き出せたらいいな☆

 

 

 

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 毎日を、よりよく変えていく為の“習慣” |
# ありがとうございました☆

 

昨日“はじめてのお披露目会を、無事に終えることができました。

ご参加くださった皆さま、そして、応援して下さった皆さまに心より感謝を申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

はじめてにもかかわらず、そうぜい50名をこえるたくさんの皆さまにお越しいただけたことに涙です。

 

作品を見て頂くことだけでも十二分過ぎるくらいなのに、手にして下さる方、そして、たくさんの子どもちゃんと触れ合えたことも嬉しかったです。作品もきっと喜んでいると思います。

 

今回のお披露目会のテーマは、“穏やかな風を手に入れる蒼の世界“。

 

こんな時期だからこそ、“笑顔、笑い声、穏やかな気持ち、人との繋がり“を感じていただけた今日という時間には意味があり、明日への活力を感じて感じていただけていたなら嬉しいです。

 

少しだけ一休みして、また大好きな海をテーマに創作活動を楽しみたいと思います。

 

今日お越しいただけなかった方も、今日来てくださった方も、

 

海の蒼さを知る人も、海の蒼さを知らない人も、

 

引き続き、創作する作品を通じて何かを感じて頂けたら嬉しいです。

 

本当にありがとうございました☆

5F6210D0-B6E6-4391-83A2-7057413C37AF.JPG9078DB8A-4EC4-4797-AA31-9EBC575C141E.JPG

 

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 趣味の部屋 |
# 海が教えてくれたこと☆

 

〜海が教えてくれたこと〜

 

Nalu は、日本語で“波”。

“波”は、繰り返し打ち寄せることから、幸せを運んできてくれる力があると言い伝えられてきました。

 

僕がなぜこの言葉を大事にしているかというと、それは、海がいろいろなことを教えてくれるからです。

 

波が穏やかなときは、心地よい波の音や、差し込む太陽の光。目に映るすべての景色が僕の心を開放し、さまざまな執着を手放してもいいよと教えてくれました。

 

波が荒々しいときは、考えることすら与えてもらえなくて、ただただ、その波を乗り越えることに夢中になり、気づけば充足感をもたらしてくれました。

 

波乗りは超へたくそですが、どうやら僕が海に行くのは、単に波乗りがしたいからだけではないようです。

 

世の中ではいろんなことが起きていて、悲しく思う出来事が相次いでおきています。

 

虐待とか暴力もそう。最近ではSNSによる誹謗中傷もそう。

 

小さいときに遊んでいた公園も、今では「大声をださないで!」「乱暴にあつかわないで!」と書かれた看板が立ち、小学校にも監視カメラをつけなきゃいけない時代になってきた。そんな環境でいったいどうやって“気持ちの世界”を発散することができるのだろうかと思う。

 

僕がプールの仕事に携わられせて頂いているは、水に入るほんのひと時でも、“気持ちの世界”を発散してほしいから。

 

お風呂に入るとほっこりするように、水に入ると、どこか人の心を優しくさせてくれる。そして、「また来週が楽しみ!」そう感じてもらうことができたなら、ただそれだけでまた1週間この世界で生きられるって思うから。大げさだと思われるかもしれないけれど心からそう思う。

 

日本はこんなに物が豊かにあふれているのに、悲しいかな自殺大国。きっとコロナが長引けば…また増える。だから、物で幸せは変えないんだろうと、心から思う。

 

そして人は、なぜ、ストレスを感じるのだろうと考えることがあります。

 

その答えも海が教えてくれました。

 

それは、きっと“今”を生きていないから。

 

僕はいつも、気が付けば、「過去」や「未来」に生きてることの方が圧倒的に多いと思っいてます。

 

・昨日、あんなことがあったけど…(過去)

・昨日のあの件、大丈夫かな…(過去)。

・過去の出来事や、過去の出来事に対するとらわれや、過去の失敗、苦い思い出(過去)

・過去を思い出し、生きてる。

 

そして、

 

・明日の晩御飯何にしよう…(未来)

・明日の会議、大丈夫だろうか…(未来)

・明日はうまくできるかな…(未来)

・未来のことを考えて生きてる。

 

それは生きていく中で必要で欠かせないもの。

 

でも、

 

「本当は〜したい」の“気持ちの世界”と、「〜しなければならない」と“頭で考える世界”が一致しない時間が続けば、

 

ストレスに変わる。

 

“今”を大事に生きる時間をほんのひと時でいいから持つこと。

 

それが僕にとっての海なのだと気づきました。

 

みなさんは、“今”を生きていますか?

 

更に、ゆとりある穏やかな人生を手にれたいと望まれた時、木とレジンがあなたの心と体を繋ぎ、既にあなたの中にある蒼く光り輝く「Nalu Blue」になれば嬉しいです。

 

読んでいただいてありがとうございます。

 

〈お披露目会のごあんない〉

◇テーマ:穏やかな風を手に入れる“蒼の世界”

■日時:7月23日(海の日)/ 24日(祝日)

■時間:10時00分〜15時00分

■場所:滋賀県甲賀市水口町貴生川692-6(自宅)

 ps.会場は我が家。展示スペースのDIYがんばりました!でも家は40年を超える超古屋。展示しているスペースは狭いです。この部屋にはエアコンも無いから暑いです。でも、扇風機かけて飲み物お出しします。来てくださった方にプレゼントを只今準備しています。それでも、見に来ていただけたら嬉しいです。

お披露目会のチラシ_page-0001 (1).jpgIMG_7447.jpg

 

 

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: - |
# はじめての“NaluBlueArt ”個展 〜穏やかな風を手に入れる蒼の世界〜

 

 “Nalu Blue Art”のお披露目会を行います!

 

■日時:7月23日(海の日)/ 24日(祝日)

■時間:10時00分〜15時00分

■場所:滋賀県甲賀市水口町貴生川692-6(自宅)

 

年号が変わる令和元年の5月1日、たまたま開いたYouTubeで“リバーテーブル”に出会いました。

その色の蒼さや鮮明さががたまらなく美しく、そこから僕の創作活動がスタートしました。

 

はじめは何から始めていいのか作り方が全然わからなくて、

ネットでいくら調べても、外国の映像ばかりで、

英語が聞き取れない僕にとっては、何を言っているのかさっぱりわからなくて。

 

でも、“とにかくやってみる”の気持ちで、

 

というよりも、

 

試さずにはいられなくて、

 

見よう見まねで始めました。

 

 

もともと物を作ることが大好きだった為か、

失敗する怖さよりも、作品が出来上がることの楽しさやワクワク感が先立ち、

創りたいものが無限に広がっていく感覚がありました。

 

創っている間に、次に創りたいものがあふれてくる…そんな感じかな。

 

僕は日頃、プールのインストラクターをしています。

 

だから、毎日仕事が終わって、家に帰ってきて、

夜遅くから初めて、深夜にまでとにかく試してみる毎日。

 

きっと多くの人が、お酒を飲んだり、テレビを見たり、団欒を過ごしている時間だと思う。

 

そして、

 

とにかくわからないことばかりだから、

 

たくさんケガもしたし(今もしまくってる)

粉塵で高熱にうなされたこともあったし(2度あることは…)

失敗もたくさんした(それはもう数えきれない)

 

でも、

 

次にうまくいくための方法は、すべて“失敗”が教えてくるから、

失敗は、成功の最短の近道だと心から思う。

 

まだたった一年しか経っていない未熟者ですが、

 

・気づけば、あっという間に一年が経ち、

・気づけば、作れるものがどんどん増え、

・気づけば、没頭する時間が僕の心を癒し、

・気づけば、喜んでくれる人がいる。

 

そして、

 

・気づけば、誰かの心に癒しやゆとりを与え、

・気づけば、誰かの役に立てていることに

 

僕は気づきました。

 

「コロナウィルス」という大きな出来事が立ちはだかる前から僕は、

 

今の世の中は、物質的な豊かさで溢れてはいるけれど

どこか、幸せを実感できない時代を迎えているような、そんな気がずっとしていました。

 

それはきっと、これからもまだまだ加速していくだろうし、

 

そんなときに、家族を心の病気で失って、

 

その頃から、

 

僕が、僕という命を人生からお借りできている間は、

 

何か社会に貢献できる仕事ができないかと思うようになりました。

 

心が望む方向に、今、自分が出来る事を精一杯に続けてこれた結果として、

 

今の僕がいる。

 

プールの仕事、メンタル面の仕事、今創作していることもすべて。

 

苦しんだり悩んだりしている人たちの姿を見ると、

ほっとけない気持ちがある一方で、逃げ出したくなる自分がいたり、

話を聞いていくうちに、同じように自分も苦しく感じることがあったり、

 

そんなことで悩んでいないで、もっと頑張ろうね。

もっと自分の気持ちを大事にしようね。

世の中そんなに悪くないから大丈夫だよって、

 

偉そうにそんなことをつぶやいている自分がいたり、

それもめんどうだと感じてしまう自分もいるけれど、

 

でも、それも全部ひっくるめて、自分で、

 

自分自身をありのままに受け入れるということは、

 

自分自身の感情を否定することではなく、

許可できる自分も、許可できずにいる自分も、

すべて自分自身であるということ。

 

 

だから、僕は、

 

僕と同じように、悩んだり迷ったりしている人や、

僕とは違うけれど、悩んだり迷ったり、今を豊かに感じたいと思う人と共に、

 

​​「心にゆとりと穏やかさを与え、明日への活力を生み出す“Nalu Blue”アート」をコンセプトに、

 

お披露目会を開催することに決めました。

 

作品は、一つ一つ大事に創作しています。

 

もちろん、プール業、カウンセリング業も、相互に影響を与えあいながら育てていきます☆

 

そうして、自分の中で取り込まれてきたものは、必ずご縁を頂いている人にお返しします。

 

100年生きられるかどうかはわからないけれど、

 

それが僕に、“今”できることだと思うから。

 

ps.はじめてのお披露目会。

会場は我が家。といっても、家は、40年を超える超古屋。

展示しているスペースも超狭いです。

この部屋にはエアコンも無いから暑いです。でも、扇風機かけて、飲み物お出しします。

何かプレゼントをご用意したいと考えています。

それでも、見に来ていただけたらとても嬉しいです。

NaluBlue(表)_page-0001.jpg

 

 

NaluBlue(裏)_page-0001.jpg

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: - |
# がんばるくんとの付き合い方

 

日、私が住んでいる街に大きな花火が打ち上げられました。

私は目にすることができなかったのですが、コロナウィルスの終息を願い、花火を見上げて笑顔になってもらいたいとの花火師さんたちの“cheerup”の志に暖かな気持ちになりました。

 

コロナウィルスはまだ収束したわけではないけれど、緊急事態宣言が解除されたことで“新しい生活様式”を受け入れながら、“新しい日常に適応した社会”へのイメージを妄想しながら過ごしていかなければと思うばかりです。

 

これまで当たり前にできていたことが出来なくなったり、当たり前に感じていた幸せが実感できなくなったりと、新しい環境の変化になかなか馴染めずにいる方もおられるのではないでしょうか。

 

私も自粛期間中は、時間はあれどもどこか心穏やかでない自分と対話しながらの時間が続いていました。でも、明日の為に今、自分に出来ることに向かって歩いていくことでしかこの事態はきっと収束に向かわない。そして、幸せは、ただただ当たり前の日常の中にたくさんあること、そして、今もそうであることにフォーカスしながら、今できることをしてこころとからだの健康つくりをサポートさせていただきたいと切に願っております。

 

取り巻く環境が大きな変化を向かえようとしているとき、私たちの“心と体”は様々に反応しますね。

 

百年に一度を言われている今回の事態に遭遇したことで、私たちは世の中の動きに合わせ、「本当は〜したいのに…」の自分の気持ちを抑えながら過ごされた方もきっとたくさんおられたはず。仕事のことや、ご家族や子どもさんがおられるご家庭は、学校の休校や周囲の世話など、自分のことだけではない毎日に、いったいいつになったら開放されるのだろうか…、これからどのように過ごしていけばよいのだろうかと、疲労感やストレスを感じられている方も多かったのではないかと思います。

 

緊急事態の宣言中、私たちの内面や、世の中の流れの中で、心の中には変化に適用するための力があることを確かに感じていました。私たちの心に中には、新しい変化を受け入れ、乗り越えるために一生懸命にがんばってくれる“がんばる君”が心の中にはいるだと。

 

でも、このがんばる君、がんばっているときは一生懸命にがんばってるから、がんばっていることがどのように身体に現われるのかまでは気に止めません。

心の中のがんばりって目では見えないから、どれくらいがんばれているのか、どれくらい頑張り過ぎているのか、逆にどれくらいがんばり足りていないのか、がとても測定しずらい側面を持ち合わせているということでもあります。

 

そして、

 

がんばる君の中には、自分の意志でがんばる“がんばる君”もいれば、誰かの期待に応えようとがんばる“がんばる君”がいたりと様々です。

 

でも、がんばりすぎた身体はどうなってしまうでしょう。がんばりすぎると筋肉痛になりますね^^。どこか身体がついてこなかったり、頭が痛くなったり、めまいがしたり、食欲がなくなったり・・・、そんな風に体にいろいろな症状として現れてしまうのがそれです。

 

そしてそれは、気持ちの世界にも確かにあって、知らず知らずのうちに積もり積もったストレスは、泣いたり、怒ったり、甘えたり、認めてほしかったりと様々な形で現われてしまいます。

 

そのような大きな出来事に直面した時、私たちがついやりがちな意識づけの一つに、そんなこと言っていないで「がんばろう」がありますね。自分自身に言い聞かせたり、誰かに声をかけるときなどがそれです。実はこの「がんばろうね!」の言葉には、やる気や元気といった活力を呼び起こす一方で、やる気や元気を妨げてしまう場合があるのです。

 

「がんばろう」の働きかけ効果には、がんばっている事を“承認”してあげるために用いている「がんばったね」がある一方で、「がんばっていない」が“前提”にある場合がありますね。「〜でなければならない」との理想に対してがんばり足りないから「がんばろう!」と働きかけてしまう場合です。

 

既に十分頑張っていることを素直に認めてあげるための「がんばろう!」の場合は、ありのままの気持ちを受け入れながらバランスをもたらす方向に心が働いてくれるのですが、「がんばり足りない」が“前提”にあるばあいの「がんばろう!」の場合には、実は、更に疲労感を高めてしまう場合があるのです。

 

そして、大人になればなるほど、人から褒められることがどんどん少なくなりますね。

 

褒めてもらえることが少なくなると、なぜか人って、人の欠点ばかりに目を向けてしまいがち。でも、期待していたことの10%であっても、20%であっても、30%であっても、できたことがほんのわずかでもあるのなら、その出来たところを褒めてあげてみてください。思うように動いてくれない膝が悪いのではなく、いつも頑張ってくれてありがとうって。そんな風に自分のことをほめてあげて下さい。

 

次の50%、次の80%に向けた活力や意欲って、これまでがんばってきたことの過程や自信、また、そうでない気持ちに対して自らを労り、受け入れてこられた先に育まれていくものだから。

 

PS.只今癒しのインスタグラム投稿中。 → 検索【知田良博】

よければ遊びにいらして下さいね☆)

 

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: - |
# 今、僕にできること☆

 

世の中が大変なことになっています。

もうこれ以上健康被害が広がらず、一刻も早い収束を心から祈るばかりです。

 

何か良くない出来事が起こると、何が要因なのか、誰が原因なのか…と、その原因を責めてみたり、避難してみたり、言及してみたり、誰かのせいにしてみたりと、その原因が自分ではなく、自分の外側に大きく向かうことがあります。

 

なぜそのような“感情”が沸き起こるのかということを突き詰めて考えていくと、その答えは自分の“外側”にあるのではく、自分の“内側”にあることに気づかされます。

 

何か良くない出来事や、腹立たしい出来事があると、私たちの心の中で怒りの感情が沸き起こることはごくごく自然な感情。なぜってそれは、喜びや悲しみといった“喜怒哀楽”の感情は、自分の気持ちを守るための大切な防衛感情だから。

 

そもそもなぜ、私たちの心の中に怒りの感情(ネガティブな感情)が沸き起こるのかというと、それは、その先に必ず“ポジティブな感情”があるから。例えば・・・

 

※コロナの為にディズニーランドに行けなくて悲しい(ネガティブな感情)

※本当は、楽しい思い出をつくりたい(ポジティブな感情)

 

「本当は〜したい」

 

“気持ちの世界”で確かに存在している“理想”が“現実”と異なるとき、ネガティブな感情が生まれてしまうものだから。

 

いやいやそんなことはないって、そう思われる方もきっとおられるでしょう。でもそんな時はもう一度、その先にある「本当は〜したい。」のきっと気持ちの世界に根差しているありのままの感情を、静かに感じてみてくださいね。その感情をゆっくりと自分自身の心が受け入れられたとき、きっとどこか暖かくて、やさしい光が差し込んでくるはずだから。

 

 

そして、こんな時にとても不謹慎だと言われるかもしれませんが、コロナウィルスは、僕たちに何かを気付かせるためにやってきたのではないかと考えることがあります。

 

自然の調和を図るため、世界の平和を取り戻すため、地球の平穏を手に入れるため、人知を超えた時代の運命の力が働いている。

 

だから、人と人との調和が保たれ、秩序が保たれ、その為に、真理にそった人として正しい生き方を見つめ、見直していかなければならないのではないかって。

 

私たちは、“不安が恐怖”が強まると、自分を守ることを優先してしまいがちですね。

 

それは自分を守るために大事なことだけど、

 

でも、

 

自分の“不安や怖れ”にフォーカスしすぎてしまうと、本当に行きたい方向とは違う方向に向かうことがあります。マスクの転売や我先にと向かうトイレットペーパーのように多く買い占めてしまう行為のように・・・

 

自分の気持ちを大切に考えることはとても大事なことだけど、大切になりすぎるのも、やっぱり本質から外れてしまう。

 

こんな時だからこそ、自分も大事にできて、周りも豊かになるためにはどうすればよいか・・。心を落ち着かせて、人のためにできること、世の中のためにできることを考えながら、僕に“今”できることをして、世の中が明るくなることを考えていきたいと思います。

 

ウィルスが終息したあと、どんな明るい世界がまっているのでしょうか。

大きく変わるその流れに乗って、さらに“うるおいとやすらぎ”あふれる毎日に向かって・・・、今、僕に出来ること。

 

PS.そして、昨日海で採取した貝殻を用いて、心を癒し、幸せを運ぶ“Shellレジン”を創作してみました。

貝殻には浄化作用がたくさんですね。この貝殻たちもきっと、これまでたくさんのよくないものを取り入れ、海をきれいにしてくれていたのでしょう。更に“波”には、絶えず打ち寄せる由来からハワイ語で“NALU”と呼ばれていて、「成功」「あきらめない心」「永遠の愛」などの由来が根差しています。ファインダー越しに見ていただいた方の、少しの癒しになれば嬉しいです☆

IMG_5376.jpgIMG_5670.jpgIMG_5757.jpg

 

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 毎日を、よりよく変えていく為の“習慣” |
# 新年あけましておめでとうございます☆

 

あけましておめでとうございます!

新しい時を迎えるということが、ひとつモチベーションを高める要素となりますね。

ただ年号が変わったことを認識する機会なだけではなく、自分の気持ちを大切に受けとりながら、しっかりと行動に移していける一年にしたいと考えています。

 

昨年は年齢的にもアラ●間近となり身体に訪れる変化に戸惑いつつ、これまで以上に幸せや老いると言うことの意味を深かく考え始めた一年でした。戸惑いが生まれるのはきっと、自分の何かがうまくなること、できるようになること、知らなかったことが分かるようになることなどが、自分にとって“是”だと考えてきたからだと思います。

 

年齢を重ねる毎に物事が思い描いていたように進まない、あるいは、身体の機能が衰えていくことはごくごく自然な事ですが、年齢と共に現れる変化は気持ちの世界にも確かにあるものだと感じながら、むしろその“捉え方”を変えて行くことの努力で乗り越えていくことができることがたくさんあることを学ばせて頂きました。

 

日々たくさんのお客様とお会いさせて頂く中で、辛い出来事があってもそれらをゆっくりと受け止めながら前を向いて歩いている方、五体満足でなくても幸せに暮らしている皆さまなど、深くそのお気持ちに触れさせて頂く事があります。何が起きても前を向いて一生懸命に歩いておられる方のお姿や経験談に触れると、その皆様と自分との違いはいったいなんなのだろうかと考えさせられる事があります。

 

私達の心の中には、例え悲観的な出来事が起こったとしても、楽観的な方向へ再利用できるセロトニントランスポーターというシステムがあると言われてるのですが、おおむね日本人の98%は悲観的だと言われていて、日本人はわずか1.7%と少ない数値でとあることが立証されています。

 

毎回このような記事を書かせて頂いている私も、実はどちらかというと典型的な日本人気質。一見、明るく、前向きで、チャレンジャーだと言われることが多々ありますが、そんな私も“ない”を原動力にして頑張る日々を過ごしていた時期がありました。「幸せでないから」「認められていないから」「○○がないから」と言った、“ない”を前提にして頑張れる活力というのはとても大きな原動力になるのですが、それらを原動力にして得た感情というのは長続きせず、自分が何を“是”とする“前提”を添えているかで、その後に現れる感情が大きく異なることを実感します。

 

そのような状況から脱出する為の方法や、バイブル本は世の中にたくさんありますが、最近の私はというと常々、自分が絶対的に正しいと思い込んでいるビリーブ(物の見方や考え方・価値観・捉え方・べきetc)を良い意味で疑い、手放し、書き換えながら過ごしています♪

 

生きてるだけで丸儲け。まさにその言葉のように“ないもの”よりも、“今あるもの”に意識を向け、潜在意識が望む方向へと潤いある時間を過ごしていきたいと思っています^^。

 

そして、今年は56年ぶりのオリンピックYEARです。観戦を楽しむ意識から、自らスポーツや運動を楽しめる意識が日本全土に益々広がります事を願い、大いに盛り上げていきたいと思います。今年一年もどうぞ宜しくお願い致します☆(by.よっしー)

 

PS.先月の創作物をご紹介↓↓↓

2液性のエポキシレジンを用いて、世界にたった一つしかない“幸せを運ぶNalu・Blue Art”にチャレンジするとしよう☆

2850CA22-FA22-4082-8D13-E59D4DA3229B.JPGDAD068F6-71F4-489F-9C3F-DC8A0CF9625C.JPG

IMG_5015.jpg

 

 

 

| comments(0) | - | 00:00 | category: 毎日を、よりよく変えていく為の“習慣” |
# 12月8日(日曜日)初出店♪

 

12月8日(日)、初出店させていただくことになりました✨

 

人生100年Life↑ 海好き、モノづくりが大好きな自らの可能性をさらに探求するべく、趣味で始めた創作活動✨

 

木と光のレジンの調和から生まれる“brillianc”が心と体を繋ぎ、My-power sourceを更に引き出してくれます。

 

店名は、“Nalu Blue”

 

Naluはハワイ語で “波”

 

美しい砂浜に途切れることなく音を寄せては繰り返すスクロールは、

 

決して無くならないことから、成功・永遠の愛・幸せなどの由来が根ざしています。

 

更に輝ける人生を手に入れたいと望まれたとき、木と光のレジンが心と体を繋ぎ、既にあなたの中にある碧く光輝く “Nalu BLUE”に なれば嬉しいです。

 

まだまだ微力ではありますが、主催者や携わる皆さま、そして、郷土の発展に少しでも貢献できればとおもいます☆

 

また、売上の一部は、海の羽根募金及び海を守る活動に募金いたします。

 

お時間のある方は是非遊びにいらしてくださいね🎶

 

ちなみに私、午前中仕事でプールに入ってます🏊‍

 

それまでは知人にお店番をお願いをしています!12時には現地に行きますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

Ps.ピアスはこれが最初で最期かなぁ...

IMG_4429.JPGIMG_4430.JPG

DCD7124F-FC2E-4F21-A993-2503E8AD769D.jpg

↑先日の創作物。うねりを表現してみました☆

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: - |
# 幸せな日常を手に入れる為の方法

 

私達の体の中には、心のバランスを豊かにしてくれるものがあります。

 

それはなんだかご存じですか?

 

・・・

 

それは、「五感」なんですね。

 

私達のからだには、

 

・「目」で見て美しい、美しくない!を感じるセンサー  

・「耳」で聞いて良い、不快!を感じるセンサー

・「口」で食べて美味しい、マズイ!を感じるセンサー 

・「鼻」で臭いを嗅いで良い香り、不快!を感じるセンサー

・「体」で心地いい、心地よくない!を感じるセンサー

 

生まれながらにして、素晴らしい“五感”という名の感性が豊かに根ざしています。

 

子どもの頃って、見て感じたままに“気持ちの世界”を豊かに表現していましたね。嬉しい時には喜んで、嫌な時にはイヤイヤ、悲しい時には泣いて、楽しい時にはニコニコ^^♪でも、大人になるとどんどん「頭で考える世界」が育つので、感じた事を素直に表現するということがだんだんと出来なくなってしまいます。例えばこんなことはないでしょうか・・・

 

・甘い物が食べたい!(気持ち)。でも食べたら太るから我慢(頭の世界)。

・しんどいから休みたい(気持ち)。でも、周囲に迷惑をかけてしまう(頭の世界)

・本当は嫌い!(気持ち)」でも、嫌われるから言わないでおこう(頭の世界)」

 

「本当は〜したい」の“気持ちの世界”をありのままに素直に受け入れられているときは、ストレスを感じることはさほどなく、ごきげんな毎日を過ごすことができるものなのですが、ストレスだと感じたり、モヤモヤしたり、なんだかしんどく感じてしまうのは、「気持ちの世界」と「頭で考える世界」が“一致”していない時。


気持ちを大事に思い、考え、大切に思って頑張ることはとても大事。でも、忙しさの余りに五感を切って人の事ばかりに過ごしてしまいすぎると、気付けば“自分の気持ち”が置き去りになり、悲鳴をあげてしまっていることがよくあるものです。

 

「空を見て何も感じない・・・」もしかするとそれは、あなたの“五感”が弱まっているかもしれません。そんな時は、例え10分でも、1時間でも、半日でもいいから“自分の心が喜ぶ事を取り入れてみることが健康の秘訣☆ですね♪

 

気持ちを癒し、人間関係を豊かにするワークショップや、夢を叶えるキラキラセミナー、怒りの感情をコントールするセミナー等々、ご要望に応じてお話しさせていただくこともできますので、気楽にどうぞ♪

 

 

Ps.夜な夜な創作している“Nal Blue Art”作品をご紹介☆

 

※初出店:12月8日(日)大野小学校 同窓会館 11:00〜

※MIHO´S HERB CHICKEN様主催 “ LIVE MARCHE♪” 

 

※主催様よりお声かけを頂き、始めて出店させて頂く事になりました。

当日は、ピアス、コースター、アート、クリスマスアート、お魚のアート、キーホルダー、アクセサリースタンドなどなど、スペースの限り、だくさんお持ちさせて頂きます☆まだまだ微力ですが、少しでも主催様を始め、郷土の発展に貢献できればと思います☆是非遊びにいらして下さいね☆(当日は午前中プールに入ってから急いで向います!!)

↓創作のほんの一部をご紹介♪

AERL0052.JPGDGSJ5922.JPGIMG_E3301.JPGIMG_3178.JPGIMG_2676.JPG

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: 毎日を、よりよく変えていく為の“習慣” |
楽天
人生が変わるオススメ本
コメント
モバイル
qrcode
Well・Beイベント動画
検索
アーカイブ
Trackback
Sponsored Links