心がふわっと軽くなるブログ

ネガティブな状態から自分らしさを取り戻し、
穏やかな風を手に入れるHappyBlog☆
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# Serf-esteem (自己肯定感)

 

 みなさんは、

 

「朝起きると気分が重く起き上がるのがしんどい」

「人つきあいが面倒に感じる時がある」

「やる気が出ない」

 

このような経験はないでしょうか?いつもの自分と比べると何かがおかしい・・・。

 

これらには様々な原因がありますが、その一つに“自己肯定感”が関係しているかもしれません^^

 

“自己肯定感”とはわかりやすく言うと、“自分が自分であることに満足し、価値ある存在として受け入れられる”との実感で人生の軸となるエネルギーです。しかしこの自己肯定感は高くなったり、低くなったりしてやっかいな特徴があるのです。

 

アメリカで行われた心理学の研究では、人は1日に6万回の思考を行っているといわれています。そして、その内の約80%45000回程)は、ネガティブな思考になりがちであることがわかっています。

 

ネガティブな感情は、私達を失敗や危険から遠ざけ守ってくれている大切な信号なので決して悪いことではありません。問題は、自己肯定感が低い時にその信号を受けた時にどうなるかということです。例えば、何か失敗をしたり、間違えてしまった時、自己肯定感が高い時には、「失敗は経験だよね!」と前向きな気持ちで行動できたりするのですが、低い時には不安感がどんどんと膨らんで苦痛を感じてしまうことがあるということですね。

 

「他人との比較や劣等意識が高くなってしまう」

「いつも自分は出来ないと思ってしまう」

「人の為に頑張ることができない」

 

また、

 

「他者への依存心を強く感じてしまうとき」

 

そんな時は、自己肯定感が低くなっているサインかもしれません。

 

では、これらの特徴に心当たりがある場合は、どう対処すればいいのでしょうか?

 

その方法はたくさんあるのですが、まずは自分の自己肯定感が下がっているということを認識することがとても大切です。下がっている状態をただただ知るだけで心って楽になるものです。

 

「なぜ、自分がこう感じているのかな・・・」という気持ちを客観視し、自覚することを心理学の世界では「自己認知」と呼びます。私たちの感情はマイナスの状態から一気にプラスに転じることはなく、必ず一度、フラットな状態になってからプラス、ないしマイナスに転じていくからです。自己認知がうまくできるようになると、気持ちが落ちていることを客観視できるので感情の主導権を握ることができるようになりますね。

 

それでも自己肯定感が向上しないという方は訓練で高めることができます。さまざまなワークがありますが、ここでは即効性のある方法を1つご紹介。それは、ちょっと自分に自信がないなと感じたらセルフハグをしてみるのが効果的です。

 

セルフハグとは簡単に言うと、「がんばっているぞ、私」「どんどんよくなっているよね、私」と、とにかく自分を認めて褒めてあげると言うもの。そう感じられなくてもそう言ってみて下さい♪

 

そうすると、3大神経伝達物質であるセロトニン(心の安らぎに関与している物質)や、エンドルフィン(一種の脳内モルヒネ)、オキシトシン(愛情や精神的安心感のホルモン)が分泌されやすく、自分に優しくなれるはずです☆もちろん運動も効果絶大ですよ♪(よっしー☆)

 

 

Ps.波が無い時の最近の僕の休養はこれ↓

女子力アップやな。男子やけど(全て手作り)。ちょっと作りたい物があってこれはほんの序章です(笑)。決して暇ではない!近況はインスタグラムにも投稿中なので、是非フォロー下さいね!

 

4FE4E8A9-8CC3-4FE5-96D1-F01960FF16EF.JPGC4EEABC9-E24A-4FF6-BD24-9319AED74370.JPG82386234-1104-44C4-9BF2-CDE9A29AB281.JPG

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: 毎日を、よりよく変えていく為の“習慣” |
# 令和の時代♪

 

令和の時代がやってきました♪

2019年に確実にやってくる未来の一つ。

今回は予定された即位ということで自粛ムードはなく、新元号フィーバーがやっぱり巻き起こった!消費の観点からプラスに働くのではないかとの予想はこれからだけど。そして二つ目の未来は「増税」だ。膨らむ社会保障費や法人税の引き下げによる税収の減額など日本の財政状況の悪化を補う為だけど、増税には「消費力の低下」が隣り合せ。なのでいかにそこを食い止めるかが鍵となる。


そして2019年度は、どうやらいろんなことがありそうだ・・・。

 

まずは日本版の「Amazon-Go」が間違いなくトリガーとなるだろう。そして、日本に初上陸する「無人のレジシステムStandard-Cognition」と呼ばれているシステムが一般化される。日本ではパルタックが有名だけど、既にドラックストアなどでは実証実験が行われていて日本企業が続々参戦している。そしてまだ実験段階だけどJR東日本では「サインポスト」とよばれているレジ無し店舗が運営され始める。ですので、私達が思っている以上に早くこの流れが来ることは間違いないだろう。

 

更に、外資系の小売が黒船としてやってくる(トイザらスの次の黒船だ)。まずは、フランスのスポーツ用品店のデカトロン。そして、アジアで最も優れた書店といわれている台湾の「誠品生活」が上陸。今までの販売方法が全く通用しない時代がそこまで来ている。

 

更に、2019から「しゃべるクルマ」がとうとう登場する。アマゾンは、自動車のインフォテインメントシステムに対話型AI:アレクサを搭載した「アレクサオート」を開発者向けに公開した。そして、私達の身近な所でいうと、LINEがAIアシスタント「クローバーオート」を開発した。自動運転の流れが間近に来ている。

 

そして、2020年がオリンピックイヤーの為着目されていますが、動き出すという点においては2019年がまさに大激動の一年になることは間違いないだろう。

 

“100年に一度の大転換期”と言われる時代に世の中のニーズがこれからどのように変化していくのだろうか。今、目の前にいるお客様の気持ち・・・“不安や悩み”“期待や願い”に真摯に向き合いながらお答えできる指導現場をつくる。ごくごく当たり前のことを実践できる一年にしてきたいと思います。

 

〜2019年×汎用化AI社会の到来〜

 

僕達は、今まさにAIがブレイクスルーを引き起こしつつある未曾有の世界にいる。AI革命によって社会の変化は大きく現れ始めてる。既にご承知のGoogleやアップル、アマゾン、フェイスブックといったテクノロジー業界の巨大企業が地球規模でデータを集めてる。そして、巨額の資金力を活用して今まで想像もつかなかったような社会を構築しつつあるのが今の世の中だ。

 

巨大企業アマゾンは、巨大なネットワークを構築しながら着々と市場制覇を目指している。アマゾンが生み出したレジのないコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー」は、センサーとアプリによってお客は商品を手にしたまま店を出ることができるようになる。「アマゾン・エコー」が家にあれば、「カートに○○を入れて!」と言うだけで、家に1時間以内に商品が届いてしまう。

 

既にアマゾンは自前の巨大な管理倉庫で一括管理し、これらにより書籍販売店が局地に追い詰められてる。人材派遣業への参入も計画に組み入れられていて、Indeedでさえアマゾンの参入に危機感を募らせています。こうなると生き残った小売業もアマゾンの配送システムを利用せざる得なくなる。

 

また、先日、中国のHUEWEI(ファーウェイ)がニュースで話題になった。

日本ではスマホメーカーという印象が強いかもしれませんが実態は少し違う。世界30社以上の通信事業者と5Gの実証実験を始めており、出荷台数はいずれも世界シェア3位です。注目すべきは、プログラムの開発にかける予算の大きさだ。投資額は約1兆5509億円といわれており、米アマゾン、米アルファベットに続く世界3位の企業だ。

 

昨日、アメリカのトランプ大統領がファーウェイに牙を向いた。国防権限法にサインして、ファーウェイとZTE製品の米政府機関での利用を禁止した。それは何故だろう・・・?今は軍事力ではアメリカを超える国はない。でも、ハイテク戦争となれば全く別の話しだ。これからは軍事力ではなく、サイバー攻撃力の勝る企業(国)が、世界の覇権を制する時代を向かえるだろう。きっとアメリカは、それを恐れているのでしょうね。

 

これから先2030年頃にかけて急速に汎用AIが出現する。その兆候は既にドローンや自動運転により人の労働の多くが変りつつある。汎用AIが出現するこれから先の10年はまさに地球規模の大変革期であり、人々に恩威をもたらしていると思われるアマゾンも、今では雇用破壊者及びゼロサムゲームの首謀者としてその名を広めつつある。

 

まさに近未来に起こりえるであろう流れの中で、お客様のニーズはこれからどのように変化していくのだろうか。少子高齢化、教育の無償化案、待機児童問題、いじめ問題、女性活躍、健康意識、介護問題、食文化、動き出す憲法改正、トランプ政権、人手不足・・・キーワードはたくさんありますが、プログラムの品質を高めるべきヒントは、すぐ目の前のお客様の中にある。

 

そして、多くの専門家の中では、今後機械にとって替わりにくい仕事として下記の3つがカテゴライズされています。

 

・一つ目は、クリエイティブ系(創造性)。
・二つ目は、マネジメント系(経営管理)。
・三つ目は、もてなし系(ホスピタリティ)。

 

形にとらわれ過ぎずに新しいことをクリエイティブに創造し、もてなしの心で利用者様の満足を提供する。これからは学校教育においてもAIの汎用化はきっと止められないだろう。既にフィギュア界の羽生選手や紀平選手は学校に行っていない。全て通信教育なのがその象徴だ。これからは一人一人の個性や成熟度に合わせて個別指導が求められるようになる。だからといって今の所は、学校がなくなることはないとは思うけど。

 

そして更に言える事は、汎用化の社会は人との繋がりを希薄化させると言うこと。子どもたちや大人社会においても、生身で出会える場所や触れあえる場がどんどん減り、交流の場がSNSにとって変わりつつある。そしてそんな時代を向かえている日本は経済大国だけど、残念ながら自殺大国だ。犯罪はまだまだ増えるだろう。虐待も。メンタル不調者もきっと増えていくだろう。

 

欲しい時に贅沢をしなければ何でも手に入る豊かな今の時代。今の社会は物質的には豊かだけど、内面的には豊かでない社会を向かえている記がしてならない。

 

本来人があるがままに心を表現できる“感情共有の場”が失われつつある“今”。そこに、これから先、未来10年に繋がる真理が根ざしているのではないだろうか・・・

 

“令和”の如く、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ時代が迎えられますように☆(by.よっしー)

 

 

Ps.最近とにかくストレスフルでなかなかBblog更新ができなかった。でも、セミナーのご縁もたくさん頂いて、休みの日にはサーフィンして波に乗って、波にのまれまくってる僕です。それでもやっぱり海は超気持ちいい♪ そして最近は、とにかくお財布から卒業したくて、QUICKーPayや、PayPayなんかに大関心!さてさてブルーオーシャンの海を支配する企業はどこだ!

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: お客様満足主義で行こう!! |
# 秋の大感謝祭♪

 

今日は、秋のキッズフェスタ大感謝祭♪

台風が大接近中ですが、たくさんのママさん、パパさん、子どもちゃんがご参加してくれていて大行列の大賑わいです!

開設㉚周年、感謝の気持ちを心から☆

 

IMG_0754.JPG

IMG_0741.JPG

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:59 | category: 私の日記 |
# お客様に愛され続けるお店になる為のポイント☆

 

こんばんは

梅雨入り間近ですね。

雨は苦手ですが、たまには雨も降らないと、木々や食物、生命が育ちませんね。僕たちの身体も同じ。雨が降って、雷鳴って、台風が来て、雪降って、晴れる。だからたまには、四季の流れに逆らわず身を任せてみるのもいいですね^^

 

今日はちょこっとだけ、愛され続けるお店であり続ける為のヒント。

 

いつまでもお客様に愛され続けるお店や企業ってありますね。

 

未来永劫、繁栄しつづける為に大切なことは・・・

 

 

「お客様のニーズを聴いてはいけない!」

 

 

「はぁ?」

「なんで!?」

「お客様のニーズに応えることが、私達の仕事ではないの?」

 

そんなお声が聞こえて来そう。

 

でも、

 

・お客様が集まらない

・会社の利益があがらない

・お店の評判がよくなくて

 

という方は、その考え方が到達できない原因かもしれません。

 

 

そもそもお客さまの「ニーズ」とはいったい何でしょう?

 

 

「痩せたい」

「きれいになりたい」

「マッチョになりたい」

「健康になりたい」

「痛みを緩和したい」

「ほっこりしたい」

「食欲を満たしたい」

「泳げるようになりたい」

 

いろいろありますね。

 

その問題解決の為に「こういう商品が欲しい」

 

これがニーズです。

 

 

必要としている思いに応える為に必要なものを届ける。

これは全く間違いではありません。

 

でも、お客様が自分に必要なもの、欲しているものがちゃんと分かっていることの方が、実はとても少ないものです。

 

現代の消費者というのは、自分の欲しいものに気づいていない人の方が圧倒的に多い。

 

これが、

 

a)目的が明確な人と、

b)目的が明確でない人の特徴。

 

ちなみに、a)の目的が明確な人って、目的が明確だから、価格競争に陥りやすい。安いは大きな動機になるから。

 

 

大切な事は、お客さまのニーズを聞くのではなく、お客さまの中にある「気づいていないニーズ」に気づかせて上げること。

 

「これをすると」「これを着ると」「これを食べると」「これを飲むと」「あなたにとってこんないいことあるよーー♪」って、気づかせて上げること。

 

 

なので、

 

 

「お客様の中の、気づいていないニーズに気づかせてあげよう☆」

 

 

 

あっ、ここからは余談・・・お客様をつなぎ止めておくものは何お店?立地?環境?安さ?どれも間違ってないけど、やっぱり“人柄”☆

 

 

今日は書くつもりなかったけど、blogを開いたら、今感じたことを書いてみたくなったので、書いてみた☆

 

ではまた!

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: お客様満足主義で行こう!! |
# 家庭的保育 ぽのぽのクラブがOPEN♪

 

こんにちは^^

6月1日(金)水口スポーツセンターに新しく“家庭的保育事業 ぽのぽのクラブ”がスタート致します。

 

ぽのぽのクラブの“ぽの”は思いやり・優しさ・嬉しさ・応援などのポジティブな意味をあらわすハワイ後です☆

人との関わりを大切に、優しさのある子どもに育ってほしいとの思いからうまれました☆

 

自分の気持ちを大切にしながら、人の気持ちも大切に思えるそんなゆたかな心を育んで頂けるよう、真摯にサポートさせて頂きます☆

 

IMG_E9600.JPG

IMG_9610.JPG

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:44 | category: 私の日記 |
# 東近江市にオープン!〜かなめカフェ♪〜 

 

こんばんは^^
今日はスウィーツ好きのあなたにご案内♪


本日5月26日(土)、滋賀県東近江市に “かなめカフェ” がオープン☆
空き家再生プロジェクトを通じたご縁の中で、郷土の果物をふんだんに使った甘いパンケーキや、特性の卵を使った自家製のアイスクリームなど、スイーツ好きにはたまらない甘くて美味しいメニューが楽しめます☆

 

お店の中は、「木を主体とした洋風カウンタースペース」と「和を基調とした畳のお部屋」があり、お子様連れのご家族でもゆっくりとくつろげるスペース☆

 

そして、

 

かなめの卵を使ったアイスクリームを、自分で焼いたワッフルコーンに載せて堪能できる“パフェ作り体験”も随時開催!

 

今後は、「1DAYキッチン&チャレンジスペース」を活用した食育体験型のワークショップや、ものつくり体験&子育てにまつわるお話会なども展開予定。一歩を踏み出したい方や興味をお持ちの方は気楽にご相談くださいね☆

 

◆かなめカフェのfacebookはコチラ

https://www.facebook.com/kanamecafe/

 

IMG_E9544.JPG

NLHY0088.JPG

IMG_E9545.JPG

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:26 | category: 私の日記 |
# ついに!!

 

こんばんは^^

先日、また一つ年を重ねました。

早いもので四十代の半ばにさしかかり、ついに四捨五入して・・・

 

アラフィフ!!

 

(笑)

 

子どもの頃の40代って、もっとおっちゃんがかってて、

なんというか、あんまりなりたくないなぁと思っていたけど、

 

既に、その年齢になった。

 

この年齢になって思うことは・・・

 

気持ちは何にも変わってないなということ。

 

もちろん身体的には20代の頃と比べると体力も落ちてきてるし、時折あっちこっちがいたくなったりもする。

 

だけと、気持ちはな〜んも変わってない。

 

いまでも20代の頃のまんまだ。

 

きっと、あと、10年経っても、30年経っても・・・、

 

気持ちは、何にも変わってないんだろうな。

 

職業柄、60代のお客さんってきっと ・・・ だろう。

職業柄、70代のお客さんってきっと ・・・ だろう。

 

って、

 

いかにもお年寄り扱いした言葉で、決めつけてしまうことがあるけれど、

 

きっと、僕たちが思っているほど、気持ちは変わってないんだろうなと思う。

 

この年齢になっても、

 

美味しい物を食べたら、子どものように喜んでみたり、

何かプレゼントを貰ったら、子どものようにはしゃいでみたり、

嫌な事があったら、プンプンすねてみたり、

いろんな出来事を通じて、感情が動く自分を感じて見たりする。

 

いったい全体、大人と子どもって、何をもって区別するんだろうね^^

 

きっと二十歳になったら・・・

きっと仕事したら・・・

きっと子育てしたら・・・

 

変わる!?

 

いやいや、内面はほとんど変わってない。

 

自覚はあるけれど。

 

年齢を重ねるといろんな考え方や価値観に触れる。

 

自分と違った人との関係性の中で、物の見方とか考え方・価値観ってものがどんどんインプットされて、自分の枠が創り上げられていく。「〜であるべきだ」とある種の個性ってのが育まれていくことがある意味大人に近づいて行くことだと思うこともあるけれど、それはそれで子どものころにも“それ”は確かに存在するし、さらに、大人になると“その個性”の押し付け合いでストレスフルを感じる事もたくさんたくさんある。

 

また、頭で言い聞かせて振る舞うこと、調和することができる事が、もしかして大人になる事なのかも知れない・・・。

 

大人になると言う事の本質は、いまだ理解できないけれど、

 

僕は、

 

いろんな人の価値観が考え方に触れながら、

 

自分自身の本音を大切に、そして柔軟に、

 

やりたいことやって、

 

 

子ども心を忘れない、そんな大人になりたいと思う☆

 

 

Ps.誕生日当日、なんとサプライズが!(超驚×超感動!)。チアーズの子育てサポーター皆さんから何とも嬉しい寄せ書きまで頂きました☆お一人お一人のお心使いとその思いにまた一つ私の思いが突き動かされていく。僕はみんなに支えられて今を生きています。皆と一緒に豊かに成長できる一年にしたいと思います☆

IMG_9073.JPG

IMG_9082.JPG

IMG_9059.JPG

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:29 | category: - |
# 心が健康である為の秘訣☆

 

こんにちは^^

ドッタン・バッタンから→バッタリ高熱開けの私です(笑)

3月の中旬、市内社会福祉法人様からメンタルヘルスについての登壇機会を頂きました。いつかこの領域について段階的にお伝え出来る力を身につけていけるようになりたい。そう感じていた最中の初登壇機会となりました(ドキドキ)

 

昨今、職業上のストレスにより、心の不調を抱える人が増えています。私自身もこれまで、片耳が聞こえなくなったり、めまいがしたり、血圧upや、不整脈を感じたりと、様々に体の不調を経験してきました。

 

人の心臓って一日どれくらいの鼓動を打ち続けているかご存じでしょうか?

 

実は一日100,000回程、鼓動を打つと言われています。私自身不調がひどかった時にはその内の35000回ほどが不整脈。ほぼ1/3ですね。自分でも鼓動の乱れがハッキリと分かるくらいにドッ・ドドッと感じる事がありました。きっと、環境の変化や、望む理想に近づきたい一心さから、心と体が頑張り過ぎていたのでしょう。

 

人は新しい環境に一歩踏み入れたとき、必ず“小さな違和感”を覚えます。

 

その、ちょっとした違和感に気付けるかどうか?

 

そして、

 

変化を受け止め、対処していく為の方法を自分自身で見いだせるかどうか?

 

 

とても大事です。

 

 

小さな違和感を感じた時、

 

・見て見ぬ振りをしたり、

・気づかないふりをしたり、

・頑張り過ぎたりの時間が長く続くと、

 

いつの間にか、心も体も疲れ果ててしまうことがあるものです。

 

 

心身が健康であるための秘訣

 

 

それは、

 

※調子がいいときほど、「休息・休養・睡眠」

 

調子がいい時って、調子がいいからどんどん進もうとする。

でもね、エンジンはガソリンを補給しないと動かなくなりますね。

 

そして、

 

※調子が悪いときにも、「休息・休養・睡眠」

 

調子が悪い時って、そこから無理に抜け出そうとしてしまいがち。ついつい調子のいい状態の時と比べてしまうことで、調子が悪い自分ってダメだなとか、恥ずかしいことだなとか、情けのないことだなって・・・、勝手にそう思い込んで=で結びつけてしまう。でもね、そこ全然=じゃないから^^。そもそも、頑張った結果→調子悪いが訪れてるのに、また頑張ったら→リバウンド。

 

 

振り切れた振り子は、

 

無理に戻そうとしなくても、

 

次第に元の状態に戻ります。

 

 

振り切れないと、

 

振り子は元に戻らない。

 


ってことで、

 

 

心身が健康であるための秘訣、

 

 

それは・・・

 

 

自分自身の心の本音に気付ける“感性”を豊かに磨くということ。

 

 

 

今回の研修を通じてたくさんの課題を発見することができました。

一つ一つのワークをもう少し丁寧に進められたのではないかと振り返り、最後のおすすめワークも時間配分の甘さで実施に至らず課題を残してしまいました。今回頂戴した機会を力に変え、更に研鑽を重ねていきたいと思います。今回このような形でご縁を頂いたことに心より感謝しています。本当にありがとうございました☆

HVZO7274.JPG

Ps.ここにきて、花粉症デビュー・・・。
その気配を感じていたけれど、これは大変だぁ・・・。。。さて、そろそろ帰ろ!!

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:50 | category: - |
# 叱り方のワークショップ☆

 

こんにちは^^
ようやく春の兆しですね!年度末なのでなにかとドッタンバッタンしています。

3月は自分自身にとって初チャレンジとなるセミナーのお話も頂き、「できっこないことやってみよう!」の時間を豊かに過ごす事ができました。

 

3月初旬には、伴谷小学校にて保護者の皆さまを対象とした“叱り方のワークショップ☆”

 

皆さんは怒りを感じた時や、叱りたい場面に遭遇した時、

 

何を意識されているでしょうか?

 

今回のワークショップでは、怒る事のプラス面やマイナス面への理解を深めながら「怒る事は決していけないことではない!」ことへの認識を再構築するワークからスタートし、後半は上手な叱り方や、悪い叱り方例についてお話させて頂きました。

 

「怒りを感じる出来事」に遭遇した時、

 

ついつい“機嫌”によって態度が左右されてしまうことはないでしょうか?

 

機嫌が悪いときには怒る、機嫌がよい時には怒らない・・・etc。

 

このようなコミュニケーションの後には、

 

・もっと、○▲な伝え方をすればよかった・・・

・あの時、○▲な伝え方をしなければよかった・・・

 

と、

 

「後悔」に繋がる体験をされた方も多いのではないかと思います。

 

機嫌に左右されるコミュニケーションは、時に不信の関係性を膨らませ、自分の本来伝えたい大切なメッセージを相手に伝えることができなくなってしまうことがあります。

 

更に、人格攻撃、人前で怒る、感情をぶつける、などのアグレッシブなコミュニケーションパターンにはまり込んでしまうと、本来の怒りの感情が持つべき“プラスの役割”が果たせなくなってしまいます。

 

 

怒りの感情の本来の目的は「○○○○○」

 

 

・・・今回は子育てママさんが中心でしたので、その他にもあまり使わない方がよいNGワード例や、叱って好かれる人、嫌われる人などのパターンをご紹介させて頂きました。日頃子育てに追われて、人の気持ちを受入れる事で精一杯の皆さまの心が少しでもふわっと軽くなり、ますます豊かな毎日が訪れますように。

 

CFFD7305.JPG

 

できっこないこと、やってみよう♪ の、一コマでした☆

 

 


 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 21:11 | category: 私の日記 |
# 発達段階に応じた安心の与え方

 

こんにちは^^

随分とご無沙汰Blogです。ちゃんと生きてます笑)

 

今週は連日、ママさん向けのおはなし会。
テーマは「こどもの自立を促す “安心” の与え方♪」

IMG_8787.JPG

Q)将来どんな子に育ってほしいですか?

 

「思いやりのある子に育ってほしい」

「自分に自信がもてる子に育ってほしい」

「友達を大切に出来る子に育ってほしい」

 

Q)その為に日常で意識されていることはありますか?

 

・・・。

 

^^

 

 

今回のおはなし会では、

 

・思いやりの心を育むためのポイントと、
・自立を促すための安心の与え方

 

をテーマに、遊びの発達段階を観点にワークショップさせて頂きました。

 

 

これからの時代は、

 

人から気持ちを安心させて貰うのではなく、自分で自分の気持ちを“安心”させることが求められる時代。

 

で、

 

その方法はと言うと、人それぞれ姿形に違いがあるように、それぞれに安心させる方法を身につけていかなければきっと、

 

大変になる。

 

特におとこの子は、家の外の社会性の世界で生きていくことが一生涯要求されますね。社会性の中で生きて行くと言う事は、仕事や人間関係、法や秩序、社会規範の世界が待っています。そんな家の外の世界を生き抜く力の一つに “踏ん張れる力” がありますが、そこが育っていないと社会からは価値がないものと見なされてしまいます。

 

勿論おんなの子も、女性活躍の時代を向かえる中では同じことが起こりえますね。となれば、気持ちをコントロールできる力がますます問われていくことでしょう。

 

気持ちをコントロールしたり、踏ん張れる力というのは、母親や母親的な存在を通じた“信頼感覚”=気持ちへの共感を経てきた先に獲得できるもの。

 

ちなみに踏ん張るというと、自分の意志を圧し殺して他者優位で生きて行くのではなく、WIin-Winのアサーショナルな関係性。自分の気持ちを大切にしながら、獲得した安心感覚が我慢を支え、我慢の先に “安心” を浮かべて立ち向かうことが出来るものです。

 

 

これからの未来は、

 

僕達の創造を遙かに超越したAI社会が待っている。

 

今、産まれた子どもたちって、20年後社会に出たとき、その70%の子ども達が今存在していない職業についていると言われています。更に、今ついている仕事の47%がロボットにとって変わられている・・・そんな未来です。

 

 

そんな世の中を生き抜く子育て感や、自身の研鑽と考動が・・・

 

まさに問われている・・・。

IMG_8788.JPG

↑今日のワークショップのおやつ

 

 

Ps.新しいテーマでのおはなし会はいつも不安と隣り合わせ。でも、やってみることで獲得できる気づきがたくさんあるものですね。先日頂いた新たなメンタルヘルスのコンテンツつくりもようやく形付いてきました。でもこの内容だと3時間を超えてしまう・・・。ワークもたくさんしたいけれど、、がんばろ!

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:52 | category: エリクソンの発達段階論 |
楽天
人生が変わるオススメ本
コメント
モバイル
qrcode
Well・Beイベント動画
検索
Trackback
Sponsored Links