心がふわっと軽くなるブログ

ネガティブな状態から自分らしさを取り戻し、
穏やかな風を手に入れるHappyBlog☆
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# お客様に愛され続けるお店になる為のポイント☆

 

こんばんは

梅雨入り間近ですね。

雨は苦手ですが、たまには雨も降らないと、木々や食物、生命が育ちませんね。僕たちの身体も同じ。雨が降って、雷鳴って、台風が来て、雪降って、晴れる。だからたまには、四季の流れに逆らわず身を任せてみるのもいいですね^^

 

今日はちょこっとだけ、愛され続けるお店であり続ける為のヒント。

 

いつまでもお客様に愛され続けるお店や企業ってありますね。

 

未来永劫、繁栄しつづける為に大切なことは・・・

 

 

「お客様のニーズを聴いてはいけない!」

 

 

「はぁ?」

「なんで!?」

「お客様のニーズに応えることが、私達の仕事ではないの?」

 

そんなお声が聞こえて来そう。

 

でも、

 

・お客様が集まらない

・会社の利益があがらない

・お店の評判がよくなくて

 

という方は、その考え方が到達できない原因かもしれません。

 

 

そもそもお客さまの「ニーズ」とはいったい何でしょう?

 

 

「痩せたい」

「きれいになりたい」

「マッチョになりたい」

「健康になりたい」

「痛みを緩和したい」

「ほっこりしたい」

「食欲を満たしたい」

「泳げるようになりたい」

 

いろいろありますね。

 

その問題解決の為に「こういう商品が欲しい」

 

これがニーズです。

 

 

必要としている思いに応える為に必要なものを届ける。

これは全く間違いではありません。

 

でも、お客様が自分に必要なもの、欲しているものがちゃんと分かっていることの方が、実はとても少ないものです。

 

現代の消費者というのは、自分の欲しいものに気づいていない人の方が圧倒的に多い。

 

これが、

 

a)目的が明確な人と、

b)目的が明確でない人の特徴。

 

ちなみに、a)の目的が明確な人って、目的が明確だから、価格競争に陥りやすい。安いは大きな動機になるから。

 

 

大切な事は、お客さまのニーズを聞くのではなく、お客さまの中にある「気づいていないニーズ」に気づかせて上げること。

 

「これをすると」「これを着ると」「これを食べると」「これを飲むと」「あなたにとってこんないいことあるよーー♪」って、気づかせて上げること。

 

 

なので、

 

 

「お客様の中の、気づいていないニーズに気づかせてあげよう☆」

 

 

 

あっ、ここからは余談・・・お客様をつなぎ止めておくものは何お店?立地?環境?安さ?どれも間違ってないけど、やっぱり“人柄”☆

 

 

今日は書くつもりなかったけど、blogを開いたら、今感じたことを書いてみたくなったので、書いてみた☆

 

ではまた!

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: お客様満足主義で行こう!! |
# 家庭的保育 ぽのぽのクラブがOPEN♪

 

こんにちは^^

6月1日(金)水口スポーツセンターに新しく“家庭的保育事業 ぽのぽのクラブ”がスタート致します。

 

ぽのぽのクラブの“ぽの”は思いやり・優しさ・嬉しさ・応援などのポジティブな意味をあらわすハワイ後です☆

人との関わりを大切に、優しさのある子どもに育ってほしいとの思いからうまれました☆

 

自分の気持ちを大切にしながら、人の気持ちも大切に思えるそんなゆたかな心を育んで頂けるよう、真摯にサポートさせて頂きます☆

 

IMG_E9600.JPG

IMG_9610.JPG

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:44 | category: 私の日記 |
# 東近江市にオープン!〜かなめカフェ♪〜 

 

こんばんは^^
今日はスウィーツ好きのあなたにご案内♪


本日5月26日(土)、滋賀県東近江市に “かなめカフェ” がオープン☆
空き家再生プロジェクトを通じたご縁の中で、郷土の果物をふんだんに使った甘いパンケーキや、特性の卵を使った自家製のアイスクリームなど、スイーツ好きにはたまらない甘くて美味しいメニューが楽しめます☆

 

お店の中は、「木を主体とした洋風カウンタースペース」と「和を基調とした畳のお部屋」があり、お子様連れのご家族でもゆっくりとくつろげるスペース☆

 

そして、

 

かなめの卵を使ったアイスクリームを、自分で焼いたワッフルコーンに載せて堪能できる“パフェ作り体験”も随時開催!

 

今後は、「1DAYキッチン&チャレンジスペース」を活用した食育体験型のワークショップや、ものつくり体験&子育てにまつわるお話会なども展開予定。一歩を踏み出したい方や興味をお持ちの方は気楽にご相談くださいね☆

 

◆かなめカフェのfacebookはコチラ

https://www.facebook.com/kanamecafe/

 

IMG_E9544.JPG

NLHY0088.JPG

IMG_E9545.JPG

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:26 | category: 私の日記 |
# ついに!!

 

こんばんは^^

先日、また一つ年を重ねました。

早いもので四十代の半ばにさしかかり、ついに四捨五入して・・・

 

アラフィフ!!

 

(笑)

 

子どもの頃の40代って、もっとおっちゃんがかってて、

なんというか、あんまりなりたくないなぁと思っていたけど、

 

既に、その年齢になった。

 

この年齢になって思うことは・・・

 

気持ちは何にも変わってないなということ。

 

もちろん身体的には20代の頃と比べると体力も落ちてきてるし、時折あっちこっちがいたくなったりもする。

 

だけと、気持ちはな〜んも変わってない。

 

いまでも20代の頃のまんまだ。

 

きっと、あと、10年経っても、30年経っても・・・、

 

気持ちは、何にも変わってないんだろうな。

 

職業柄、60代のお客さんってきっと ・・・ だろう。

職業柄、70代のお客さんってきっと ・・・ だろう。

 

って、

 

いかにもお年寄り扱いした言葉で、決めつけてしまうことがあるけれど、

 

きっと、僕たちが思っているほど、気持ちは変わってないんだろうなと思う。

 

この年齢になっても、

 

美味しい物を食べたら、子どものように喜んでみたり、

何かプレゼントを貰ったら、子どものようにはしゃいでみたり、

嫌な事があったら、プンプンすねてみたり、

いろんな出来事を通じて、感情が動く自分を感じて見たりする。

 

いったい全体、大人と子どもって、何をもって区別するんだろうね^^

 

きっと二十歳になったら・・・

きっと仕事したら・・・

きっと子育てしたら・・・

 

変わる!?

 

いやいや、内面はほとんど変わってない。

 

自覚はあるけれど。

 

年齢を重ねるといろんな考え方や価値観に触れる。

 

自分と違った人との関係性の中で、物の見方とか考え方・価値観ってものがどんどんインプットされて、自分の枠が創り上げられていく。「〜であるべきだ」とある種の個性ってのが育まれていくことがある意味大人に近づいて行くことだと思うこともあるけれど、それはそれで子どものころにも“それ”は確かに存在するし、さらに、大人になると“その個性”の押し付け合いでストレスフルを感じる事もたくさんたくさんある。

 

また、頭で言い聞かせて振る舞うこと、調和することができる事が、もしかして大人になる事なのかも知れない・・・。

 

大人になると言う事の本質は、いまだ理解できないけれど、

 

僕は、

 

いろんな人の価値観が考え方に触れながら、

 

自分自身の本音を大切に、そして柔軟に、

 

やりたいことやって、

 

 

子ども心を忘れない、そんな大人になりたいと思う☆

 

 

Ps.誕生日当日、なんとサプライズが!(超驚×超感動!)。チアーズの子育てサポーター皆さんから何とも嬉しい寄せ書きまで頂きました☆お一人お一人のお心使いとその思いにまた一つ私の思いが突き動かされていく。僕はみんなに支えられて今を生きています。皆と一緒に豊かに成長できる一年にしたいと思います☆

IMG_9073.JPG

IMG_9082.JPG

IMG_9059.JPG

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:29 | category: - |
# 心が健康である為の秘訣☆

 

こんにちは^^

ドッタン・バッタンから→バッタリ高熱開けの私です(笑)

3月の中旬、市内社会福祉法人様からメンタルヘルスについての登壇機会を頂きました。いつかこの領域について段階的にお伝え出来る力を身につけていけるようになりたい。そう感じていた最中の初登壇機会となりました(ドキドキ)

 

昨今、職業上のストレスにより、心の不調を抱える人が増えています。私自身もこれまで、片耳が聞こえなくなったり、めまいがしたり、血圧upや、不整脈を感じたりと、様々に体の不調を経験してきました。

 

人の心臓って一日どれくらいの鼓動を打ち続けているかご存じでしょうか?

 

実は一日100,000回程、鼓動を打つと言われています。私自身不調がひどかった時にはその内の35000回ほどが不整脈。ほぼ1/3ですね。自分でも鼓動の乱れがハッキリと分かるくらいにドッ・ドドッと感じる事がありました。きっと、環境の変化や、望む理想に近づきたい一心さから、心と体が頑張り過ぎていたのでしょう。

 

人は新しい環境に一歩踏み入れたとき、必ず“小さな違和感”を覚えます。

 

その、ちょっとした違和感に気付けるかどうか?

 

そして、

 

変化を受け止め、対処していく為の方法を自分自身で見いだせるかどうか?

 

 

とても大事です。

 

 

小さな違和感を感じた時、

 

・見て見ぬ振りをしたり、

・気づかないふりをしたり、

・頑張り過ぎたりの時間が長く続くと、

 

いつの間にか、心も体も疲れ果ててしまうことがあるものです。

 

 

心身が健康であるための秘訣

 

 

それは、

 

※調子がいいときほど、「休息・休養・睡眠」

 

調子がいい時って、調子がいいからどんどん進もうとする。

でもね、エンジンはガソリンを補給しないと動かなくなりますね。

 

そして、

 

※調子が悪いときにも、「休息・休養・睡眠」

 

調子が悪い時って、そこから無理に抜け出そうとしてしまいがち。ついつい調子のいい状態の時と比べてしまうことで、調子が悪い自分ってダメだなとか、恥ずかしいことだなとか、情けのないことだなって・・・、勝手にそう思い込んで=で結びつけてしまう。でもね、そこ全然=じゃないから^^。そもそも、頑張った結果→調子悪いが訪れてるのに、また頑張ったら→リバウンド。

 

 

振り切れた振り子は、

 

無理に戻そうとしなくても、

 

次第に元の状態に戻ります。

 

 

振り切れないと、

 

振り子は元に戻らない。

 


ってことで、

 

 

心身が健康であるための秘訣、

 

 

それは・・・

 

 

自分自身の心の本音に気付ける“感性”を豊かに磨くということ。

 

 

 

今回の研修を通じてたくさんの課題を発見することができました。

一つ一つのワークをもう少し丁寧に進められたのではないかと振り返り、最後のおすすめワークも時間配分の甘さで実施に至らず課題を残してしまいました。今回頂戴した機会を力に変え、更に研鑽を重ねていきたいと思います。今回このような形でご縁を頂いたことに心より感謝しています。本当にありがとうございました☆

HVZO7274.JPG

Ps.ここにきて、花粉症デビュー・・・。
その気配を感じていたけれど、これは大変だぁ・・・。。。さて、そろそろ帰ろ!!

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 00:50 | category: - |
# 叱り方のワークショップ☆

 

こんにちは^^
ようやく春の兆しですね!年度末なのでなにかとドッタンバッタンしています。

3月は自分自身にとって初チャレンジとなるセミナーのお話も頂き、「できっこないことやってみよう!」の時間を豊かに過ごす事ができました。

 

3月初旬には、伴谷小学校にて保護者の皆さまを対象とした“叱り方のワークショップ☆”

 

皆さんは怒りを感じた時や、叱りたい場面に遭遇した時、

 

何を意識されているでしょうか?

 

今回のワークショップでは、怒る事のプラス面やマイナス面への理解を深めながら「怒る事は決していけないことではない!」ことへの認識を再構築するワークからスタートし、後半は上手な叱り方や、悪い叱り方例についてお話させて頂きました。

 

「怒りを感じる出来事」に遭遇した時、

 

ついつい“機嫌”によって態度が左右されてしまうことはないでしょうか?

 

機嫌が悪いときには怒る、機嫌がよい時には怒らない・・・etc。

 

このようなコミュニケーションの後には、

 

・もっと、○▲な伝え方をすればよかった・・・

・あの時、○▲な伝え方をしなければよかった・・・

 

と、

 

「後悔」に繋がる体験をされた方も多いのではないかと思います。

 

機嫌に左右されるコミュニケーションは、時に不信の関係性を膨らませ、自分の本来伝えたい大切なメッセージを相手に伝えることができなくなってしまうことがあります。

 

更に、人格攻撃、人前で怒る、感情をぶつける、などのアグレッシブなコミュニケーションパターンにはまり込んでしまうと、本来の怒りの感情が持つべき“プラスの役割”が果たせなくなってしまいます。

 

 

怒りの感情の本来の目的は「○○○○○」

 

 

・・・今回は子育てママさんが中心でしたので、その他にもあまり使わない方がよいNGワード例や、叱って好かれる人、嫌われる人などのパターンをご紹介させて頂きました。日頃子育てに追われて、人の気持ちを受入れる事で精一杯の皆さまの心が少しでもふわっと軽くなり、ますます豊かな毎日が訪れますように。

 

CFFD7305.JPG

 

できっこないこと、やってみよう♪ の、一コマでした☆

 

 


 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 21:11 | category: 私の日記 |
# 発達段階に応じた安心の与え方

 

こんにちは^^

随分とご無沙汰Blogです。ちゃんと生きてます笑)

 

今週は連日、ママさん向けのおはなし会。
テーマは「こどもの自立を促す “安心” の与え方♪」

IMG_8787.JPG

Q)将来どんな子に育ってほしいですか?

 

「思いやりのある子に育ってほしい」

「自分に自信がもてる子に育ってほしい」

「友達を大切に出来る子に育ってほしい」

 

Q)その為に日常で意識されていることはありますか?

 

・・・。

 

^^

 

 

今回のおはなし会では、

 

・思いやりの心を育むためのポイントと、
・自立を促すための安心の与え方

 

をテーマに、遊びの発達段階を観点にワークショップさせて頂きました。

 

 

これからの時代は、

 

人から気持ちを安心させて貰うのではなく、自分で自分の気持ちを“安心”させることが求められる時代。

 

で、

 

その方法はと言うと、人それぞれ姿形に違いがあるように、それぞれに安心させる方法を身につけていかなければきっと、

 

大変になる。

 

特におとこの子は、家の外の社会性の世界で生きていくことが一生涯要求されますね。社会性の中で生きて行くと言う事は、仕事や人間関係、法や秩序、社会規範の世界が待っています。そんな家の外の世界を生き抜く力の一つに “踏ん張れる力” がありますが、そこが育っていないと社会からは価値がないものと見なされてしまいます。

 

勿論おんなの子も、女性活躍の時代を向かえる中では同じことが起こりえますね。となれば、気持ちをコントロールできる力がますます問われていくことでしょう。

 

気持ちをコントロールしたり、踏ん張れる力というのは、母親や母親的な存在を通じた“信頼感覚”=気持ちへの共感を経てきた先に獲得できるもの。

 

ちなみに踏ん張るというと、自分の意志を圧し殺して他者優位で生きて行くのではなく、WIin-Winのアサーショナルな関係性。自分の気持ちを大切にしながら、獲得した安心感覚が我慢を支え、我慢の先に “安心” を浮かべて立ち向かうことが出来るものです。

 

 

これからの未来は、

 

僕達の創造を遙かに超越したAI社会が待っている。

 

今、産まれた子どもたちって、20年後社会に出たとき、その70%の子ども達が今存在していない職業についていると言われています。更に、今ついている仕事の47%がロボットにとって変わられている・・・そんな未来です。

 

 

そんな世の中を生き抜く子育て感や、自身の研鑽と考動が・・・

 

まさに問われている・・・。

IMG_8788.JPG

↑今日のワークショップのおやつ

 

 

Ps.新しいテーマでのおはなし会はいつも不安と隣り合わせ。でも、やってみることで獲得できる気づきがたくさんあるものですね。先日頂いた新たなメンタルヘルスのコンテンツつくりもようやく形付いてきました。でもこの内容だと3時間を超えてしまう・・・。ワークもたくさんしたいけれど、、がんばろ!

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:52 | category: エリクソンの発達段階論 |
# 幸せ力を高める方法 其の4(全げ鵝

 

こんばんは^^

今年もあと2日ですね。今日はBlogの続き書いてなかったので書き納め(笑)

 

●不安感を和らげる為に効果的な食材があるのをご存じですか?

 

「大豆製品」や「納豆」「みそ汁」といった日本食は不安感を和らげる食材として有名ですね。乳製品では「牛乳」「ヨーグルト」「チーズ」。あと、「たまご」「胡麻」「ピーナッツ」「バナナ」も効果的☆

 

ぜそのような食材が不安を和らげるのに効果的なのかというと、幸せホルモンと呼ばれている“セロトニン”の原材料になっているアミノ酸の一種である「トリプトファン」が含まれているからなんです。

 

それらは主に食品のタンパク質に含まれているものなのですが、上記の食材にはその含有量が多く、それ以外でも「肉類」や「魚介類」「白米」や「パン」などの穀物。炭水化物やビタミンB6を含む食材もセロトニンの分泌を促してくれます。

 

普段の食事でバランスが取れたメニューには必ず使われている食材ですが、継続して摂取することで更に心とカラダのバランスを保つことができるのです☆

 

ちなみに私はというと・・・

 

毎朝アーモンド5粒と牛乳飲んでセロトニンアップ↑結構効果あるのでオススメです☆

 

 

ってことで、

 

12月は全4回に亘って“心が健康になる幸せ力アップ”をテーマに書き綴ってみました。

 

毎日を人の為に過ごしていると、気づかないうちに自分の心が疲れてしまうことがあるものです。

 

そんな時はぜひ上記の食材摂取で心の元気を呼び起こしてみて下さいね。

 

他者を大切にできる気持ちは、自分を大切にできる気持ちから。

 

あっ、

 

自分を大切にできると、自分を大切にできる子に育ちます☆

 

 

Ps.あしたは海に行こうか迷い中・・・。波乗り納めなるか!?

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:43 | category: 引き寄せの法則 |
# 幸せ力を高める方法 其の3(全げ鵝

 

こんにちは^^

今週末は、幼児さんを対象とした“ちょっぴりはやいクリスマスパーティお泊まり会”でした!総勢40名の子ども達のパワーは凄い!オーナメント作って、チョコこねて、サンタさんも登場☆夜はプールでぷかぷか水遊び。親元を離れての体験が、また一つ自律の心を育んでくれたことでしょう。スタッフの皆さんおつかれさまでしたビール


--------------------------------ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今日は、前回に引き続いて、“幸せ力を高める方法 其の”

 

皆さんは、普段どのような呼吸をされていますか?

普段、呼吸に意識を向けている方はほんとに少ないと思います。僕もその一人でした。

 

呼吸が浅くなるとカラダに十分な酸素が取り込まれないので、酸欠気味になり頭痛が続いたり、緊張状態が続くことで肩こりやカラダに違和感を感じることがあるものです。すると心まで疲れてしまいやすいです。

 

呼吸と言うと“吸う”ことに意識を向けてしまいがちなのですが・・・、

 

 

実は “吐く” ことが主役。

 

 

始めに吐くと、自然に “吸う” という行為につながりますね。なるべく静かに、少しずつ口から全部吐きって、吸う時はお腹に手を当ててお腹全体が膨らむのを意識しながら吸うといいですね。なんでもそうですが余計なものを出さないと、新しいものは取り込めないです^^。

 

酸素を多く取りこむ腹式呼吸は、脳に酸素が行き渡るのでストレスを緩和するセロトニンをたくさん増やしてくれます。ヨガや太極拳、座禅、マインドフルネスが注目されているのも、カラダにとってもよいからなんですね。ゆっくりと息を吸って、ゆっくりと息を吐く。ただそれだけで随分と気持ちが穏やかになる感覚を感じてもらえるのではないでしょうか☆

 

 

呼吸に意識を向けて、穏やかさを取り戻しましょう☆

 

 

↓顔写真はSTAFFです^^

IMG_8287.JPG

↓パーティーがはじまりました〜♪

IMG_8352.JPG

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 13:48 | category: 引き寄せの法則 |
# 幸せ力を高める方法 其の2(全げ鵝

 

いよいよ12月ですね!

今日は午後から“ここも〜り”に子育て応援フェスタに行ってきました。手作りの雑貨や手作りお料理を始め、親子で楽しめるイベントなどがもりだくさんでした。BlueChoirさんの生ゴスペルコンサートは大感動!シンクロされた音色は心の奥深くに穏やかさをもたらしてくれました☆

 

こうした機会がどんどん増えていくことは、縁を生み、縁を育て、孤立しない関係性へと豊かに導いてくれるのでしょう。実行委員会の皆さまほんとうにお疲れさまでした☆

 

--------------------------------ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今日は、「幸せ力を高める方法 其の◆

 

運動した後って、なんとなくスッキリした気分になりませんか?


実はこれ、なんとなくではなくて、

 

運動をする“から”

 

気分がすっきりして、

落ち込んでいた気持ちも前向きになるんですね。

 

“リズム運動”と呼ばれている運動にはセロトニンの分泌作用を高めます。・・・ウォーキング、ジョギング、サイクリングなど、一定のリズムに合わせてカラダを動かす運動はその促進効果が絶大!!心のバランスを整えることにとても効果的なのです。

 

不安感が強い時などにはできる範囲で、動かせる範囲でいいからリズム運動にチャレンジしてみると穏やかな心が呼び起こされるかもしれません。また、セロトニンが不足してしまうと更年期障害やうつ病、不眠症など様々な問題が発生しやすくなります。逆に十分に分泌されていれば、イライラなども和らぎ、幸せを感じやすくなるということでもありますね。

 

ウォーキング、ジョギング、自転車、スクワット、エアロビクス、フラダンス・・・などなど。

 

とにかくゆっくりと、単純な動きを、しっかりと集中して繰り返すことが効果的。時間は5分程度でも十分。長すぎず、疲れを感じない程度の時間で終える事がとってもいいですね。

 

もし運動がどうしてもできな場合などは、そしゃく(咀嚼)のリズム運動といって、噛むことも効果的。よく野球選手が試合中にガムを噛んだりしていますよね。ガムを噛む行為というリズム運動によってセロトニンが盛んに分泌されて前向きな気持ちをキープできたりもするのです☆

 

さて、わたしもガムを噛まな!?

 

↓子育て応援フェスタ

8E0A5787-FBF4-4945-9455-78D668A6D6B0.JPG

↓子育てサポートさんのこどもちゃんを抱っこさせてもらいました!なまえは“あーちゃん”といいます!ほんまかわいい☆

IMG_8299.jpg

 

づつく

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:02 | category: 引き寄せの法則 |
楽天
人生が変わるオススメ本
コメント
  • エリクソンの発達段階論からの学び 〜第2段階:幼児期前期のライフサイクル~ ericsson childhood
    ほり (07/09)
  • エリクソンの発達段階論からの学び 〜第6段階:成人期のライフサイクル~ ericsson babyhood
    よっしー (12/01)
  • エリクソンの発達段階論からの学び 〜第6段階:成人期のライフサイクル~ ericsson babyhood
    ソイ (11/29)
  • エリクソンの発達段階論からの学び 〜第8段階:老年期のライフサイクル~ ericsson old
    よっしー (11/20)
  • エリクソンの発達段階論からの学び 〜第8段階:老年期のライフサイクル~ ericsson old
    向 洋美 (11/18)
  • 女性大進撃の時代に、自分らしく活きるということ
    よっしー (09/02)
  • 女性大進撃の時代に、自分らしく活きるということ
    うりぼうまま (09/01)
  • 3歳〜6歳の内面!?
    よっしー (07/04)
  • 3歳〜6歳の内面!?
    しんいり (07/03)
  • ユング心理学(15) 自我と自己の違い(幸せ感の根源) Carl Gustav Jung
    永井哲志 (05/17)
モバイル
qrcode
Well・Beイベント動画
検索
Trackback
Sponsored Links